香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

電源を切らないで下さい



昨日も14時間くらい寝た。

夜9時に寝て、朝11時に起きた。


これは僕の実感だが、日中、決断の主体から、

直接聖霊兄貴への明け渡しをがんがん行なっていくと、

途中からデータ削除が追い付かなくなり、最後には、

僕の意識をシャットダウンせざるをえないような

そんな処置がとられるようである。


その証拠に、眠くなる少し前には決まって、

目の奥や、頭の中央付近がじんじんと痺れ出し、

寝ている間も、何かが高速処理されているような、

ハードディスクが回転しているような、

不思議なインストール感がある。


見る夢も、物語性のある夢ではなく、ぱぱぱぱ、と

画面だけが高速で切り替わるような夢ばかりを見る。

なので、起きた後もあまり眠った感じがしない。


〝作業が完了するまで電源を切らないでください〟

と、常に表示が出ている感じだ。

神の子の自覚が出てきて、心が凛としてくると、

聖霊兄貴が近くなり、ハートの愛が強くなってくる。

相手がどうであれ、愛だけを延長させていたくなる。

そっちのほうが心地いいのだ。


この例は、ちょっと極端すぎるかもしれないが、

どんなにひどく相手から傷つけられたって、

ナイフで刺されて殺されたって、

最後は肉体がなくなるだけじゃん、と思えてしまう。

何をワーワーわめく必要があるのだろうと…。

正直、自分でもちょっと引く。


〝愛〟だけを放射する。ただし、

〝愛情〟は放射しない。

〝愛〟でないものが出て来たときは、ただ赦す。


まあ、そうは言っても、まだまだ修行の身。

24時間ずっとそんな状態でいられるわけではない。

だが〝いやな人〟を愛に変換できたことで、

すごく楽になり、救われた。


あとは、もう導きに沿って実践していくだけである。