香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

どんどん ぱちぱち



金曜日は僕の誕生日だったので、演歌同盟のみんなが、

ビュッフェをごちそうしてくれた。

また別の友人からは、以前から欲しかった

斜め掛けバッグもプレゼントされ、

本当に幸せな誕生日となった。ありがとうございました。


僕がビュッフェを食べるときは、

〝他の人と逆パターンでほんの少しずつ食べてゆく〟

を原則としている。

ケーキ→料理→ローストビーフ→寿司→刺身

の順で食べるのだ。

これだと、人とは逆の順番で食べてゆくので、

混雑に巻き込まれずに料理を選ぶことができるのだ。

特にデザートコーナーは、最後の方に行くと、

ケーキは子供たちに荒らされてぐちゃぐちゃだし、

満腹でその頃には何も入らなくなっているので、

先に美味しいケーキを先取りして味わっておく。


だけど、今回つくづく思ったのは、

歳のせいか、二、三皿ですぐに満腹になり、

以前のようにドカ食いができなくなったことだ。

それでも無理して食べたので、

帰りのタクシーでは苦しくてうんうん唸っていた。

金曜、土曜は、これといった赦しもなく過ぎた。

ただただ、ハートの想念が延長するに任せていた。


夜、近所に住む日本人の友人(女性/42歳/独身)と、

スターウォーズの最新作を観に行く。

題名通り、全編、ドンパチドンパチの連続で、

退屈なあまり、最後は爆睡してしまったのだが、

途中、何度か後方が気になり、

振り返って映写室の窓を見上げては、

〝やっぱ後ろにあるんじゃん〟と妙に納得し続けた。

もちろん、他の人たちは、前方の銀幕に釘付けだ。


ぜーんぶ、後ろの〝あそこ〟でやっている。


スクリーンを観て感じる〝これ〟を決断の主体に戻し、

兄貴に削除依頼しながら爆睡した。

もう二度とこの映画館に戻ってこないために…。