香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

江後田自我男(えごたじがお)



今日は午後から、冷たい冬の雨が降り続ける中、

急性胃腸炎で入院している友人を見舞いに、

ワンチャイにある律敦治病院へ行って来た。


この病院を訪れるのは2回目だ。

僕がある日系企業で人事部長をしていた2001年、

ある女工さんが、肺結核の疑いでこの病院に入院した。

この律敦治病院は肺結核治療で有名な病院でもある。

当時はまだ香港にも工場は残っていて、

僕が勤める会社でも多くの女工さんを雇用していた。

彼女の病気は伝染病でもあり、長い養生も必要なので、

会社としてはいったん雇用契約を終了させておきたい。

だが、法律上、本人の同意なしに解雇はできず、

結局、製造部長と一緒に入院中の彼女を訪ね、

2年分の給与と倍額の解雇補償金を支払うことで、

離職同意書にサインをもらうことができた。


このとき、彼女はかなり具合が悪そうで、

終始、咳込んでいた。隣で年老いたお父さんが、

じっと僕たちの顔を見つめていたのを覚えている。


それから3日後に彼女は息を引き取った。

本当は結核ではなく、肺がんだったという。

まさか亡くなるとは思っていなかったので、

僕は死ぬほど驚いた。


それからというもの、

女工さんたちは僕にとてもよそよそしくなった。

裏で僕を罵る人もいたようだった。

しかし、その工場も1年後に中国へ移管され、

ほとんどの従業員は解雇されることになった。

その解雇者の人選をし、実行したのも僕だった。


工場が閉鎖された数日後、

あらゆる電信柱に僕の名前を書いたビラが貼られた。

ビラには、殺し屋を雇って殺してやる、とあった。

本社からは、安全のためにと、帰国命令が出た。


今日、久々にこの病院を訪れ〝肺科専門病棟〟

の表示を見たとき、当時の出来事がよみがえってきた。

院内を歩きながら、ひとり聖霊に委ね続けていた。


いま当時を振り返ってみると、

いかに当時の自分が 江後田自我男(えごたじがお)

だったか窺い知ることができる。

狂気を信じ、そうするのが当然だと思っていた。


兄弟たちを分離した罪人とみなし、

先に罰を与えることによって、

自分を防衛しようとしていたかがいまなら分かるが、

当時はこうするのが使命だ、とさえ思っていた。

だって、僕は人事部長なんだから…って。(笑)


まだ、僕の中にも多分の江後田自我男が潜んでいる。

だが、その勢力は日に日に弱体化しつつある。


今日は日曜日。今度は自分の病気で病院へ行く。

この話はまた明日に、ということにする。


それから、本日初登場の江後田自我男くん。

これからもちょくちょく出てくるので、

妹の自我子ちゃん共々、よろしくね!