香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

間に合った幸せ



京都にいる。

今回はヴィパサナーに参加するので、実家へは帰省せず、

京都に一泊し、明日、丹波へ向かう。

でも、寒いのが大の苦手な僕は、ここへきて、

「やめようかなあ。」なんて思っている。

京都からだと、実家までは20分で着く。

兄弟てっちゃんにぐちゅぐちゅ言っていると、

「つべこべ言わず行ってこいっ!」

と一喝されてしまった。


今日泊まっている『さくらギャラリー』というホテルは、

デザイナーズホテルらしく、全てがスタイリッシュ。

エレベーターがどこかわからなくて、

おなじ宿泊客らしい老夫婦と右往左往していると、

「あちらです。」とスタッフの方に言われて見れば、

壁にボタンだけが…。

押すと、壁が開き、エレベーターが表れた。

クロゼットもどこかわからなかったので、

さっきと同じ要領で壁を押していたら、あった!

大浴場もあり、立地も京都駅のすぐ前で、大満足!

それに京都駅自体が巨大な船のようになっていて、

京都のあらゆるおいしいものが揃っている。

香港から来たもんにとっては、もうたまりまへんどすえ。

いまに在る、ことがそのまま赦しになる、ということを、

しみじみ実感している。

エゴ→決断の主体→自分ではなく、

決断の主体⇔聖霊兄貴⇔実相⇔ハートの愛⇔神(父)

というループ(循環)の中で過ごしている感じ。


人の流れ、看板、食べ物、物の配列、空気、植物、肉体、

全てが完璧な秩序を以って立ち顕われている。

やかましくお喋りしているのも人たちもアートに見え、

穏やかな平安に包まれた愛がひゅんひゅんくる。


でも、

明日からはシベリア強制労働みたいな環境になるので、

今日のうちに思い切り暖かさを満喫しておこうっと。

(↑ おいおい!)