香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

認識までの0.00000001秒


↑月末現金チェックの日。人民元やばそう。

通勤電車の行き帰りの時間を利用して、

アマゾンで購入した本を読み進め(させられて)いる。

朝はデイビッド氏の『覚醒へのレッスン』、

夜はジョーイロット氏の『これのこと』という本。


本の読み方も変化してきて、

1ページ目から順番には読まなくなった。

というか、読めない。


聖霊兄貴からぱっと読むべき場所を指定される感じで、

逆らって初めから読もうとすると、

パタン、と意識が中断されてしまう。


各ページも、1行目から読むのではなく、

ページを開いた途端、大切な箇所に自然と目が行き、

そこにマーカーを引く、という具合である。


これは明らかに、これまでの自分の読み方とは異なる。

満員電車で立ったままマーカーを引くなんて、

そんな面倒なこと、以前の僕だったら絶対にしないし、

本を飛び飛びに読むのも性格的にありえない。


で、

今日マーキングした個所を列挙してみる。


〝わたしの子供たち、戻ってきなさい。

 全ての夢を永遠に手放しなさい。〟


〝自分で決断を下さない、という意志を持って、

 1日を過ごしましょう。

 神聖な流れに身を任せ、誠実さを保ちます。

 ホーリースピリットが計画や迅速な指示を与え、

 あなたはそれに従うだけです。〟


〝あなたが奇跡を行なうとき、それに適合するように、

 わたしが時間と空間の両方を調整します。〟


〝あなた自身に準備ができているかを

 心配しないでください。

 わたしの準備を信頼してください。

 わたしがあなたを通して奇跡を行ないます。〟


〝過去からの完全な脱出、未来への完全な無関心〟

ロイ・ジョーイの『これのこと』という本も、

上記のような感じで読み進める。

非二元を体験した著者が書いた本だが、


「これだ。まったく今あるとおりのこれ。

 そして、今のこれ。いつも、これ。

 あるという単純さだけの、これ。」


とまあ、このフレーズだけで全編走り抜けるという、

王道非二元の一冊だ。

書いてあることは単純明快なのに、

なに?このモヤモヤ感。

中途半端な便秘のように、なあんか、すっきりしない。


お花畑状態というか、意識の白痴化状態というか、

かにかの力が欠如しているような感じ。


しばらくして、わかった。

それは神へと向かう力の方向性だ。

父が待つ故郷へ戻る際には、ある種の力強さが必要だ。

聖霊を選択するにしろ、委ねるだけにしろ、

ただ沈黙し(←お前が言うか!)、

そちらの方向へ凛として向いていなければならない。

それが、実践であり、明け渡しだ。

意志することがエゴを削除するのだ。


そして、この本からは、

以下のようなインスピレーションも受けた。


ぱっと顔を上げて辺りを見る。コップが目に入る。

あっ、コップだ、と認識する以前の、.

0.00000001秒の空白の領域。(ゼロの数に意味はない。)

それが〝これ〟であり、聖なる瞬間であると…。


その0.00000001秒(これ)は、

毎瞬毎瞬立ち顕われているのだが、

肉体の自分が〝これ〟を捉え続けるのは不可能だ。

それで、この0.00000001秒以外、全て聖霊に委ね、

削除してもらうことにより、

次第に0.00000001秒だけの世界が顕現されてくる。

それが父からの最後の一歩を受け入れるための

準備なのだ、と…。


読んでいるうちに、

〝これは非二元の本〟とか、

そういうことを言う必要はないのだな、

と思えてきた。

要は自分がどう捉えながら読むか、であり、

ただ〝いま、ここにある、この本〟でいい。


あなたはもう何もしなくてよい、

できることなど何もない、何も考えなくてよい、

直接の経験だけを観察して兄貴に委ねていなさい。

あなたがやることなすこと、言うこと考えること、

全部ウソであり、間違っている。



ただ、

凛として力強く、意志を持って、

神の方向へ向いていなければならない。

神へ向くことを決断し続けること、

それが赦しだ。