香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

行け!行け!トランプ!



いま、

ワイドショー好きな僕の心を鷲掴みにしているのが、

アメリカ大統領候補選中のトランプ氏だ。

彼が大統領にふさわしいかどうかはさておき、

この強烈キャラと髪型は何ものをも凌駕している。


不動産王で大金持ちなのに、なんで、あの髪型?

金に糸目をつけず、世界の先端技術を駆使すれば、

もうちょっと何とかなっていてもいいはず。

しかし、さすが奥さんがモデルさんだけあり、

娘さんはチョー美人。


日本でも、

薄くなった頭の上にかつらを載せ、

それをくるくる回す弁護士の人がいたが、

(今もいるのかな。芸人さんだったかな。)

トランプ氏もできそう。

本当にやれば、もっと人気が出るかも。


また、

「オレがさあ、オレがあ…、オレなんだよー。」

という、これほど分かりやすい、

ハイテンションアメリカ白人キャラも今どき珍しい。

そういうところが生粋アメリカ人の支持を得ている

由縁なのだろう。

「レイプと麻薬を持ち込む不法メキシコ移民

 を追い出してやる!」


「メキシコ国境に万里の長城のような壁を作る!

 その建設費用はメキシコに支払わせる。」


「白人警官が黒人を殺す数より、

 黒人が一般市民を殺す数のほうがはるかに多い。」


「サダム・フセインを好むと好まざるに関わらず、

 彼はテロリストを殺害していた。。

 彼(サダム)が良いやつだったと言うつもりはない。

 彼はおそろしい奴だが、今に比べればましだった。」


「イスラム教徒入国禁止!」


とまあ、発言もなかなか過激だ。

まあ、これは公約ではないので、

本当に実行するとは思えないが、

そういう彼がダントツで支持されるのだから、

アメリカっておもしろい。

どうりで日本は太刀打ちできないわけである。

でも、コメントをひとつひとつ見てみると、

そんなに人々の想いとかけ離れたことを

言っているわけではない。

みんな、心の中で思ってはいるけれど、

言うのがはばかられるような部分を巧みに抽出し、

代弁者のように語っている。

そういうところはやはり一流のビジネスマンだ。


それから、意外だな、と思ったのが、

彼を支持している人たちのほとんどが、

きちんと税金を払い、人も羨むキャリアを持つ

アメリカのエリート層である、という点だ。

「これからのアメリカを牽引するのは、

 口先ばかりの政治家ではない。」

と、彼らは口をそろえて言う。


しかし、

宇宙人とUFOに関する情報をすべて公開する、

ということを公約のひとつに掲げているヒラリーも、

僕としては捨てきれない。


ゲイリーの『神の使者』では、

共和党が投票数を不正に操作していて、

民主党が勝利するには何十万票?

も多く票を獲得しなければならない、

と書いてあったが、民主党のヒラリーが当選したら、

宇宙人情報開示→経済パニック→アセンション幕開け、

と、バシャールの情報通りになるのだろうか。



ワイドショー大好きな僕としては、

この二人で取っ組み合いのけんかとかして、

ヒラリーがトランプ氏の前髪を、ふんにゅっ、

とかしてほしい。


と、ひとり、おばちゃんモードで

わいわい盛り上がっていたら、


「こういうことも全て〝神から離れたら〟ごっこの

 ひとつにすぎないのです。」


という低ーい聖霊兄貴の言葉が聞こえ、

いきなりテンションダウンとなる。


はい。兄貴。

全部一者でやっている夢のストーリーでした。

世界も罪もありません。チーン!


それにしても、

国を挙げての〝神から離れたら〟ごっこ…って。

あっ。一句できた。


〝目の前の 薄皮はがせば 神のくに〟


よっしゃ。字余りなし。決まった!