香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

地獄青年



先週、木曜、金曜は、

香港事務所のスタッフが、僕以外全員、

佛山工場の新年会やら何やらに出席しているため、

僕はひとり事務所でお留守番、というわけで、

ちょっとゆるゆるの、幸せな2日間を過ごしていた。


ちょうど木曜日にのり講義があったので、

久々にリアル視聴しながら仕事をした。

そういえば、今年に入ってから一回も見てないなあ。

最近、こういう映像もほんとに見なくなってしまった。


でも、今回、

皆さんのシェアがすごくよくて、

日常生活で浮上してくる、

些細な怒りや憎悪にきちっと向き合い、

真摯に赦そうとされている皆さんの姿勢にカンドー、

ちょっと泣いた(恥…)。


ご本人たちは〝まだ、こんな事をやってるんです〟

みたいな感じで話されているのだが、

なんの、なんの…。

こういう、小さな日常の出来事の中に、

巧妙に隠されている微妙な罪悪感を捉えるのって、

日頃から、しっかり自分の内面に向いていないと、

なかなかできないことだ。

逆に、人生がひっくり返るような、

小保方さま級の赦しの方が、一発で降参できる分、

案外、容易に赦せたりする。


それから、捉らえた後、ちゃんと逃げずに認識しよう

とする皆さんのひたむきさを見て、

僕ひとりじゃないんだ、ととても励みになった。

ありがとうございました。


それと同時に、やっぱり僕たちは地獄経由だなあ、

とも思う。


だって、コースも何もしていない普通の人だと、

同僚から何か嫌なことを言われたとしても、

即座にバシンと言い返すか、

2〜3日ムカついて終わり、となるのだが、

それをひとつひとつ認識し、完全に兄貴に明け渡して

終わらせるとなると、やはり内面は一時、地獄と化す。

そう言う意味で、同じ地獄経由の皆さん(笑)

のシェアは、異国の地で地獄経由をやっている僕

に勇気を与えてくださるのです。


これは決して損得で言えることではないのだが、

赦して終わらせるか、赦さず言い返すか、だと、

絶対、絶対、地獄経由のほうが〝おトク〟である。


他者を赦せば赦すほど、自分が赦されるのは本当だ。

僕も、日頃の実践から身に沁みて体感しているのが、

明け渡せば明け渡すほど、委ねれば委ねるほど、

確実に終わってゆく、という事実である。


〝離れてない。起こってない。だから罪はない。〟

〝自分はいない。他者もいない。だから世界はない。〟

 (〝新・断固三兄弟〟!)


が、頭での理解ではなく、言葉でもなく、

本当に眼前に顕現され、その中で生きはじめるのだ。

↓↓断固3兄弟の記事はこちら↓↓断固3兄弟! - 香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元


金曜日の夜、仕事を終え、

家の近所のショッピングモールを歩いていたら、

台湾の大型書店『誠品書店』がオープンしていた。

日本で言えば紀伊国屋書店と言ったところか。

自分の本があるかな、と思ってみてみると、あった!

2冊もある。そのうちの1冊をそっと抜き取り、

入り口真正面にある村上春樹先生の書棚へ

すっと差し込むと、あとは全速力で逃げる。

そう。これが僕の営業活動。

ということで、本日はこれにて終了!

(↑おーい!世界はないんちゃうんか!←from 読者)