香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

Auto Surrender

もう3月なのに、しとしと篠突く雨が続き、ちょー寒い。

会社近くに新しいフィットネスジムがオープンしたと、

ケリーから教えられ、早速下見に行ってきた。

すごくこじんまりとしたジムで、マシンの種類も、

更衣室のロッカー数も、そんなに多くない。

それでも、清潔だし、事務所から近いし、

昼休みの一時間、身体を動かすだけなら、

まったく問題はない。

月会費も420香港ドル(6300円)とちょっと高め。

しかも、タオルの貸し出しが別途300円かかる。

うう…。毎回タオルを持っていくのもなんだしなあ。

ということで、料金表だけもらって帰ってきた。

すると、午後からケータイが何度も鳴りだし、

一度に二年分を払えば、もっとお得だ、とか、

昼間だけの使用だとこんなに安くなる、とか、

マネージャー権限で、タオルをお付けしてこの料金、

と、セールス攻勢がぐいぐいくる。

なんやねん。安くなるんやないか!

だが、

押しの強い、山っ気のあるセールスも嫌いではない。

絶対取りに行くぜ、というガッツを感じる。

それでも、委ねて、もうしばらく待ってみることにした。


↑日曜日、たばこケースの防虫剤入れ替えをした。

なんか最近、


・今この瞬間に在る。

・聖霊兄貴に委ねきる。

・ハートでいる。


朝から晩まで、いや、夜、眠っている時でさえ、

これしかやっていないような気がする。


普段、日常生活で、個の自分が何をやっているか、

何を話しているかは一切関係ない。

たとえ、人の噂話をしていようと、

仕事で、真っ赤に燃えた炭のようになっていようと、

自分の子供を叱りつけていようと、全く重要ではない。

それは自分ではない。

外で何をしていても、内でやっているのはこの3つ。


今この瞬間に在る、というのは、僕の場合、

10秒前の自分と今の自分は別人だと認識すること。

昨日、あんな事をしてしまった自分は、

いまはもう、どこにも存在していないし、

もとから存在などしていなかった、と、

真に腑に落ちている状態である。

また、10秒前のあの人も今のあの人ではない。

ここに見えている〝これ〟でしかない。

今のこのポイントだけをなぞっていっている感じ。


聖霊兄貴に委ね切る、ということは、僕の場合、

上がってくる全ての想いや考えを全部、

背後の決断の主体にいる兄貴に渡してしまうことだ。

常に背後に兄貴の気配を感じていて、

近頃では、ほとんど自分でやらなくなった。


ハートでいる、というのは、僕の場合、

薄皮一枚のスクリーンの背後に広がっている

実相の気配を意識する、ということである。

要は、スクリーンに映る事象は全てウソだ、

と看破しながら生活しているような感じ。


そう言う意味で、今までこれが自分だと信じてきた

ものって、全部過去だったんだ。

そして、そんなものはみんな嘘だったんだ、

と、知ってる状態、から、それを生きている状態、

へと切り替わりつつある。


それでも、やっぱり、

その瞬間瞬間の〝びゅんびゅん〟はやってくる。

今日のSKYPE全体会議の間中も、ずっと、

何の根拠もないびゅんびゅんを、

現れては委ね、現れては委ね、していた。

そして、今、この文章を書いている自分はもう、

会議に参加していた時の自分とは何の関係もない、

別個の新しい自分となっている。