香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神へと通じる狭き門


以前、

僕たちは眼球の裏側に映る映像を見て生きている、

みたいな記事をこのブログで書いたことがあったが、

なんと、長年、聖書を研究している人が、

僕と同じようなことに気づいたという情報を、

時々拝見させていただいている〝mom〟さんの

《日本や世界や宇宙の動向》というブログで知った。


その聖書を研究している人の記事によれば、

眼球内部と妊娠中の子宮内部は全く同じで、

また、その構造は旧約聖書の世界と同じだ、

というのである。


まず、胎盤が網膜で、羊水は硝子体液、

へその緒は硝子体管に対応し、

へその緒から胎児に栄養を送るのと同じ仕組みで、

硝子体管はレンズに栄養を送っている。


そして、レンズから視神経へ向かって、

眼球の中央を通っている神経は、出エジプトの際、

紅海が二つに割れた道筋と同じものだ、としている。

また、視神経の表面に交差する松果線は、

キリストの十字架であり、神へと通じる狭き門とは、

視神経のことだ、と本人は語っている。


まあ、他にもいろいろと述べられてはいるが、

要は、眼球の中は、神の世界の模造となっており、

同時に、この物質世界の模造ともなっている、

というようなことが趣旨のようだ。


真偽の程は別として、

眼球の外に、眼球を使って視るような世界は無く、

僕たちは眼球の中に映し出された世界に生きていて、

常に閉じられた幻映の世界にいる、ということを、

この人は直感的に察知したのだと思う。


だからどうなのだ、と言われればそれまでだが、

同じようなことを考えていた人がいたなんて、

ちょっとシンクロ。ちょっと嬉しい。

↓ 眼球に関する過去ログ ↓
眼球の裏側からの脱出 - 奇跡講座(奇跡のコース)と純粋非二元のブログ 香港さんといっしょ!

それに、眼球が二つある(世界が二つある)のも、

0と1の二元の象徴だともいえる。

僕たちは右と左の眼球の世界を行き来しながら、

ひとりで2つの自己を演じているのだろう。

↓ 記事の源泉 ↓
http://beforeitsnews.com/prophecy/2016/03/the-narrow-gate-to-god-the-ultimate-truth-video-2478493.html

昨夜、ふと、

こういうスピリチュアルなことに触れ始め、

さまざまな不思議な体験をするようになったのは、

いまのこの会社に入った2010年あたりからだな、

と思った。

それまでは、バリバリの外向き他責型人間だった。

しかし、この会社に入ってから、あやこさんに出会い、

ハレ師匠に出会い、ヴィパッサナーに出会い、

その他大勢の仲間に出会いながら、気が付けば

ここまで来てしまった。

その間、会社員であるにも関わらず、

長期の休みが取れ、生活の心配をすることなく、

香港と日本を行き来しながら、

さなざまな取消しのレッスンをしてこれた。

今思えば、もう、あのころからすでに、

兄貴の期間計画は始動されていたのだと思う。


こうしてみると、気づきや導きって、

後になってから、ああ、あれがそうだったのか、

とわかるものなのかもしれない。