香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

スピエゴ



今日は仕事が休みだったので、

家の書斎でまったりと、文章を書きながら過ごした。

昼過ぎに、裏の森から「みみーん!」と、

弱々しい蝉の第一声が上がったので、

ああ、ついに香港の夏が始まったんだな、と思った。

今年の夏は、どんな夏になるのだろう。

とてつもなく爆発的な変革が起こるような予感がする。

外部的に、ではなく、内部的に、ではあるが…。


最近、本当に、

全ては自分の中だけで起こっていることで、

外は結果でしかなかったんだな、と実感している。

それによって、

ああよかったあ、救われたあ、とも思う。

内部を選びかえることで、投影を削除してゆく。

年齢も年齢だけに、

内部を変えることで、もっと素敵な投影を…、

とは、思わなくなった。

どんなに素晴らしい現実を引き寄せても、

必ず最後は分離して終わる。

だって、ここはVR世界だから…。


ああ、店じまい。店じまい。長居は無用じゃ!

そんな中、近頃特に〝うわっ〟と出てきているのが、

自分と同じように、スピリチュアルを学んだり、

教えたりしている兄弟を〝批判したい〟〝比較したい〟

という思いだ。


奇跡講座、バシャール、ヒーリング、非二元、

ヴィパッサナー瞑想、量子宇宙論、悟り系、など、

現在、様々な人が、

様々なスピリチュアルメソッドを学んでいる。

そんなとき、僕たちが一番やってしまいがちなのが、

今自分が信じている信条を機軸にして他を解釈し、

これはこう、あれはこう、と決め付けてしまうことだ。


〝判断しない〟〝人を変えない〟〝差を見ない〟

という概念は、今のスピ界では定番となりつつあるが、

頭では分かっていても、実践するのはなかなか難しい。

ていうか、日常でこんな境地に至るのは不可能だろう。


例えば、

YOUTUBEで誰かのスピ映像を見ているときや、

シェア会などで他の人のシェアを聞いているときに、

〝この人はまだこんな段階なんだあ。〟

〝これはちょっと違うんだよね。〟

と、心の中で自動反射的に裁いていたりする。

または、講義をしている教師本人が、

〝誰々さんがね…〟と差を語っていたりする。


さっき、あるコース系YOUTUBE映像の中で、

とある亡くなったばかりの学習者の方の話題が出た際、


「この方は、今回のカリキュラムでは、

 ここまでだったけれど、

 次回、またこの夢の世界に戻り、

 レッスンを続けていかれるうちに、学びが進んで、

 いつかは終わるときがきて…云々。」


と、教師の人が言っているのを耳にしたとき、

自分の中から大きな怒りがこみ上げてきた。


その人が今どういう状態であるかなんて、

そんなこと、本人にしか分からないことではないか。

ひょっとすると、亡くなられる10秒前に全てを赦せて、

永遠に父が待つ故郷へ帰還しているかもしれない。

そんなの誰にも推測できない。

それなのに「この人はこう…」と決め付け、

論じるなんて、傲慢以外の何ものでもないではないか、

と、自動的に憤慨してしまったのだった。


そのとき、バンッ、と聖霊兄貴から頭をはたかれた。


自分はここまで進んでる、あの人はまだあそこだ、と、

兄弟の中に〝学びの差〟を見て分離していたい、

というエゴの想いをYOUTUBEの中の教師に投影し、

イチャモンをつけている。

エゴのストーリーをくっつけて怒っているのは、

まぎれもなく自分だった。

何のことはない。

この怒りは自分のものだったのだ。相手は関係ない。

なぜなら、もし自分が分離を投影していなければ、

この映像を見ても何とも思わないはずだからだ。


精神的な学びとは全く関係のない、同僚や普通の友人

に対しては、いたって寛容に赦せるのに、

こと、相手が同じ学びをしているスピ仲間となると、

途端にエゴってしまう。

まあ、イスラム教やユダヤ教を見てもわかるように、

教条的信念からくるエゴはなかなか始末におえない。

無意識がいとも簡単に〝これだけは別〟と、

選別してしまうのだ。


自分は正しい、相手に勝ちたい、という思いを、

決断の主体まで戻し、そこから聖霊兄貴へ委ねてゆく。

即座にこのモヤモヤは晴れないが、

後は兄貴に任せて放っておくことにする。


それにしても、一体、誰に勝ちたいんだろう。

相手もいないのに…、と、自分でも思う。

オンラインゲームにのめり込んでいる人なんかも

きっとこんな感覚なのかもしれない。


以上、今日はこんな感じでした。