香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

過激に行くぜ!


↑久々のシャブリ。しかし、1杯でフラフラに…。
 1年前まではひと晩で1本空けてたのに…。


宇宙人総経理が新しい商売をとってきた。

台湾から製品を仕入れて、日本へ売る商売…。

だが、品物を台湾の業者から仕入れるのに、

LC(信用状)を開かねばならなくなった。

信用状とは、初めての取引先と商売をする際、

「うちの会社は銀行にこれだけの資金があるので、

 支払いが遅れることはありませんよ。」

と、銀行が担保になり、

口座に資金があることを証明してくれるものだ。

もちろん、未払いが発生した場合、

銀行が補償せねばならない為、それなりの審査がある。

昔は南米やアフリカなど、運送に時間がかかるような、

遠く離れた国と取引するときにLCを開いていたが、

ネットや運輸経路が発達した現在では、

ほとんど使わなくなった。


しかし、その台湾の業者というのが、

100%前払いでないとモノを売らない、と、

頑として譲らないため、仕方なく宇宙人総経理が、

LC決算で話をつけてきたのだった。


あちこち銀行を探し回るが、よい返事がもらえない。

過去三年間の決算書を出せ、とか言って来るし、

審査に3ヶ月くらいかかるらしい。

ひと昔前まではLCなんてすぐに開いてくれていたが、

いまはもう、こんな面倒で手間のかかることなど、

どこの銀行もやりたくないようだ。


やるべき業務をこなしながらも、一切の抵抗を止め、

意識を〝いま、ここにあるもの〟に委ねて過ごす。

相手とあれこれやり取りをしながらも、いまに在り、

心の中で、自我を掴もうとする瞬間を捉えては、

うしろへ丸投げしてゆく。


一日中、

自分のデスクでそんなことばっかりやっているせいか、

いつの間にか、LCを開いてくれる銀行を探す、

という任務をすっかり忘れている自分に気づいた。


↑仕事の後、カフェでベトナム語を勉強。

ここ数カ月、まるでエックタルトの回し者のように、

いま、いま、いま、を連呼しまくっている僕であるが、

僕の場合、強烈に今に在ると、

無意識状態からふっと我に返ることができ、

自分が今、何をしているのかに気づきやすくなる。

結果「ああ、いま、エゴを選んだ。」と、

心の中で起こっている微妙なエゴのすり替えを

捉えることができるのだ。


それで、LCの件だが、

最後はやはり頼れる庶民の味方、

信用金庫のお世話になることになった。

香港に信用金庫の支店がないので、

LC自体は開けないのだが、代わりに、

提携先の香港上海銀行を紹介して貰うことになった。


ああ、よかったあ、という感覚はもうない。

本当に面倒くさいなあ、というのもない。

この空間で起こる全てを丸ごと赦しているという感じ。


これもあくまで僕の場合なのだが、

外の世界は体の前側、心の世界は体の後方側に

知覚されている。

だから、決断の主体に戻るときはいつも、

身体の前側から後ろ側へ、という感覚が強い。


別の言い方をすれば、

意識は常に背後に向かって開いていて、

明け渡すたびに、

前方の世界(物質世界)が消滅してゆくという感じ。


世界の消滅。

やっぱり奇跡のコースって過激だ。