香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

みきりの日


↑船の中で香港名物〝臘味飯〟(味付けごはん)の夕食。
燻製ソーセージと、燻製卵と、チャーシュー。


去年の今頃って何をしていたのだろう、と、

2015年4月のブログを読み返してみた。

上海のモラー邸でアフタヌーンティーをしながら、

優雅に奇跡講座を読んだりしているではないか。


「聖霊は今、過去と未来、このすべてを取り消す。

 一瞬一瞬が過去からさっぱりと切り離され、

 その影が未来に及んでいないことを知るとき、

 現在に恐怖はない。今この瞬間を取り上げ、

 それを、存在する時間のすべてだと考えなさい。」


なんて文章を奇跡講座から抜粋して記したりしている。

ああ、感無量…!

こうして、その当時の日記の内容を見てみると、

書き留めていなかったら、忘れてしまっているような、

些細ではあるが大切な出来事が綴られている。

その当時の自分には何の自覚がなくても、

後から見てみると、その瞬間瞬間で、

自分ができる最大限のことをしていたのが分かる。

今の自分がやっていること、感じていることを、

正直に直視し、それを書き留めておくことで、

未来の自分に、

何らかの学びをもたらす事ができるのだな、と、

感慨を新たにしたのであった。

今日、仕事中にトイレに行こうと、

ビルの廊下を歩いていると、

突然、兄弟に対する強烈な思いが湧き上がってきた。


もうこれ以上、兄弟に対して何も感じていたくない。

もうこれ以上、兄弟を見て、何をも思いたくない。

いつもいつもいつも、見て、感じて、否定して…。

最悪だ。たくさんだ。まっぴら御免なんだ!


という想い…。


俺は、実相しか感じていたくないし、

父を父としてハートをハートとしてしか感じたくない。

それ以外のものは何も受けつけたくない。

代替もいらない。


また、兄弟を神の子として観る、とか、

愛を求める声として兄弟を観る、とか、

そういうのも要らない。

ひとつの感じ方、それしかほしくない。


突然やってきた電光のような強い想いに手も足も出ず、

僕はしばし、トイレの個室で、頭を抱えながら、

身動きもせずに、ただ固まっていた。


この強烈な神への思いを凝視する。

兄弟を個として見ることに何の価値も見い出せず、

うんざりしている自分がいる。

ハートのひとつの想念だけを渇望していいんだ。


と、その瞬間、僕の頭の中に、

「〝見切り〟なさい。」という声が響いた。

あっ、兄貴だ!

兄貴の声を聴くのは久しぶりだった。

〝見切り〟と聞こえたが、ひょっとすると、

〝見限り(みかぎり)〟と言われたのかもしれない。

早口だったので、確かではない。

どちらにせよ、兄貴の言わんとする意味は解かるので、

僕は黙ってうなづいた。


このとき、僕の心の中で、聖霊兄貴の領域が、

エゴの領域よりほんの少しだけ上回ったのを自覚した。


とはいっても、肉体を持ってこの夢の世界にいる間は、

純粋なハートの想念だけを感じることは不可能だろう。

しかし、もう嫌なんだ、と心から見限ることは必要だ。


人は、

それには何の価値も魅力もない、と判断したときだけ、

所有しているものを捨てることができる。

手に握っているものがダイヤモンドで、

それには価値があると少しでも思っている間は、

どうしても手放すことができないのだ。


20分くらいトイレにいて、オフィスに戻った。

別々に分離した兄弟への想いが、

神への想いへと収斂されてゆく感じがする。


まだ、ちょっと頭が混乱している。

だが、この強い意欲だけは消したくないと思った。

それにしても、なんでトイレなんだよう。