香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

POPEYE


↑買うと6畳ワンルームが5,300万円也

今日の〝僕、騙されてるんです〟劇場は、

香港の地価の高騰が高止まりしたあと、

下げに転じ始めた、という話題である。


アパートの契約更新が近づいてきたので、

不動産屋に家賃の相場を訊ねてみると、

地価は少しずつ下がってきているという。

僕が今住んでいるアパートの家賃は約48万円。

値段だけを聞けば、どんな高級マンションか、

と思われがちだが、まったくそんなことはない。

少し前までは、大陸の富裕層たちのマンション爆買い

が問題になっていて、その影響で、6畳ひと間の

ワンルームの家賃が20万円にまで跳ね上がった。

それでも、去年くらいから中国バブルがはじけ始め、

次第に地価も安定してきたとか…。

会社もこれ以上の家賃は出してくれないだろうし…、

と思っていた矢先だったので、助かったあ〜。


とまあ、そんな感じで、

世界から何かをされていると感じていたり、

過去の記憶や未来への不安にびゅんびゅんしていたり、

結果(投影)の裏に隠されている〝分離の想い〟や

幻想世界に対して持っている価値観を委ね続けた。           


                                           
というわけで、

退勤後、英語の教材でも買おうと本屋に立ち寄った。

すると、雑誌POPEYEの創刊号復刻版が…。

40周年ということで創刊号が丸々ついてくる。

夏のボーナスが出た気安さで、早速買ってしまった。

雑誌を買うのなんて何年振りだろう。

大学生の時は、どちらかというと、

ファッションや流行中心の『POPEYE』よりも、

女の子攻略系の『FINE BOYS』派だった。

コムサとかメンズニコルとか、うわっ、懐かしい。

でも、スマホに慣れ過ぎてしまったせいか、

久々に手にする雑誌は、持ち歩くにはチト重い。

それでも、なんか、見ているだけでも楽しい。


↑『告別娑婆』が『神の使者』で、
 『断輪廻』が『不死という…』

精神世界の書棚でデイヴィッドの本を探す。

デイヴィッド・ホフマイスターは中国語で、

〝大衛・哈福邁斯特〟と書くが、

いくら探しても見あたらない。

代わりに、ゲイリーの『神の使者』が、

奇跡講座の隣に、ズラーっと並んでいた。(笑)


明日から3日間佛山出張である。

また、SNS抜きの日々となる。

そうだ。この機会にお籠りをして、

英語を勉強するのだ。