香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

そうは問屋がおろさない


↑スカイプ会議がヒマだったので、こんなのを書いた。
 後でクレヨンで色を付けた。


ある読者の方から、以下のような質問をいただいた。


『時間や、空間や、罪悪感は、すべて幻想で、

分離も自分の思い込みに過ぎないのだから、

赦す際は、

罪悪感をその都度決断の主体まで戻さずとも、

思考を通さず、気付いたら差し出すだけで、

あとは聖霊がやってくれ、消えて無くなっている、

ということでいいのでしょうか。

実際、デイヴィッドの弟子のフランシスは、

意味づけや判断を聖霊に委ねるだけで、

赦しは起こる、と言っています。』


ここ数日、ブログに僕の今の見え方を綴っているが、

どうして、ここが天国に思えるのだろう、

どうして、会う人全員が聖霊と認識できるのだろう、

と考えてみたとき、それは決断の主体(神の子)が、

エゴではなく、聖霊の心を選択し直したために、

結果、聖霊の見え方に転換が起きたのではないか、

と感じている。(まだまだ危なっかしいが…。)


じゃあ、どうしてそんな転換が起きたのか、と、

分析してみると、赦しの実践の際に、必ず、

決断の主体に戻って、起きていることを解釈し直す、

ということを実行し続けてきたからだ、と分かった。

聖霊の正しい心を選び直すには、何はともあれ、

まずは、決断の主体まで戻る必要がある。

それには忘却のベールを潜らなければならない。


例えば、

混んでいる電車で席が一個だけ開いていたとする。

そのとき、他の人に席を取られる前に、

いち早く自分が座ろうとしたときに上がってくる

攻撃の想いと罪悪感に気づき、赦しを行なう場合、

それを決断の主体まで戻し、本当の解釈をし直すと、


神から離れた、と思いこむ→神への罪悪感→

神から罰せられるという恐れ→自分で防御せねば→

それにはまず安全な場所を自分で確保せねば→攻撃


とまあ、大体元ネタはこんな感じになっている。

ただ、これを直視するのはあまりに強烈なので、

忘却のベールを引いて元ネタを隠蔽し、それを、

電車席取りゲームに置き換えて投影することで、

平静を保っていられる、というわけである。


しかし、このVR世界にいる個の自分には、

父を裏切った、という思い込みから来る罪悪感が

全く自覚されていないので「罪悪感も幻想じゃん。」

と軽くいなしてしまいがちなのだが、おっとどっこい、

決断の主体はこれらの思い込みを強固に信じ、

そこから逃れるためにエゴを選び続けている。


そこを見ずに、ただ聖霊に委ね切ればいい、

とやっても、ベールの向こうのエゴが納得しない。


結論を言えば、

どんな人にも、どんな状況にも当てはまる

ひとつの赦しの方法、なんていうのはなくて、

その人その人の段階によって違うのだと思う。


デイヴィッドのように、

すでに、決断していない決断の主体(笑)にまで

戻ってしまったまま寝起きしていて、

常に聖霊側にジャンクインしてしまっている人なら、

ただ委ね、明け渡しているだけでいいと思うのだが、

まだ、個の自分を使って赦しを行なっている場合は、

原因のレベルへ立ち返るのは重要だと思うのだ。


こういう事からも、コースは自学自習なのだと分かる。

教えながら学び、学びながら教える。

今の僕はこんな感じだが、数日後には兄貴に導かれ、

全く違う展開になるかもしれない。

だから、誰かがずっと教え続けるのはあり得ない。

昨日Aと教えていたことが、明日はA+となる。

しかし、そこにはA++の生徒さんだっているわけで、

A+の教師からA++の生徒さんをみたとき、

「違うんですよ。」と否定してしまうことだって、

無きにしてもあらず、じゃなかった、

無きにしも非ず、であるからだ。

(なんだか、ややこしいな。)


探求のあとに〝わたし〟が気づくのでもない。

それはもう、100%の幻想の削除でしかない。