香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

騙されません!



今日は香港オフィスのスタッフ全員が出払っていて、

PCの修理に来た日本人の人と二人だけだった。

しかし、お盆明けでもあり、いろいろと忙しかった。


今日やる仕事のやり取りの中で、聖霊と一緒に考え、

判断し、観察するように心掛けた。

勝手に湧き上がってくる〝分離の想い〟も、

瞬間瞬間に見つめ、明け渡してゆくようにした。


ある日本本社から依頼された書類を、

香港の公証機関で公証承認してもらう必要があり、

その書類の原本を受け取っておらず、また、

公証手続をやるのも初めてだったので、

本社の担当者の女性に電話をした。

最近、管理本部に入ってきた担当の彼女は、

英語もでき、財務方面のキャリアも高く、いわゆる、

デキル、と鳴り物入りで入社してきた人だ。


公証手続きの件について、いろいろやり方を聞くと、

「メールで全て説明してありますよ。」

「ちゃんと、書類も送ってありますよ。

届いているかどうかは、私ではわかりません。」

これからは、重要な書類を送った時は、

その主旨、一報いただけますか、と僕が言うと、

「そんなことまで言わなければだめですか。」

と、なんか、いちいち、ひっかかる。


久々の戦いの波動に、

もう少しでこちらもつられて入ってゆくところだったが、

寸でのところで、聖霊側に在ることを思いだした。


〝ああ、これ、全部、騙されてるんだ。〟

〝ああ、これ、全部、助けを求めて叫んでるんだ。〟


そして、これはまた、

相手に投げつけた自分の叫びでもある。


「僕は、あなたを攻撃しません。

僕は絶対にあなたを攻撃しません。」


僕は、相手が会社の人であろうと、誰であろうと、

直接言葉に出して伝えてしまうところがあるので、

気づいたときには、彼女にそう告げていた。


そのとき、彼女もちょっと、はっ、となったようだが、

それからしばらくして、電話を切った。


今までなら、彼女の言動に反応することによって

沸々と湧き出てくる怒りと攻撃の想いを、

聖霊に明け渡していたところだが、

今回はっきりと、愛を求める叫びとして認識していた。

彼女はこれまで、数々の防御の網を張り巡らせ、

安全対策をしながら必死で戦ってきたのだろう。

そして、それは僕が何千年もやってきたことでもある。

彼女は僕の投影なのだ。



人気のない、静かなオフィスで、

ちょっと、涙が出そうになった。

近頃、何かと涙もろい。

年を取ったのか?


一つの赦しで、兄貴は何千年分を削除する。

もう、自分でできる段階をはるかに超えている。

はあ、脱力…。