香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

エゴの祭典

連日、どのワイドショーもオリンピック一色で、

ちょっとうんざり気味の今日この頃。

よくみれば、

同じ映像ばかりを一日中使いまわし、

普段は現場で事件を伝えるレポーターも、

この期間に乗じて夏休みを取ったりしている。

まあ、選手の人たちはみんな、この日のために、

血の汗を流して来てるわけだから、この時くらいは、

大いにスポットライトをあててもらえばいい、

と思う反面、ドロドロ愛憎事件大好きな僕としては、

ちょっと、いや、だいぶ物足りない。


と、思っていたらやってくれました。

高畑淳子の息子、高畑裕太のホテル性的暴行事件!

歯ブラシを持ってきたホテル従業員(40代)を見て、

ムラムラが抑えきれなかったって…。

笑い事では済まされない事件だが、

それでもやっぱ、ワイドショーはこうでなくっちゃ!


↑百貨店で売っていた風水盤。3万円くらい。

とまあ、やっと終わってくれたオリンピックであるが、

スポーツって、エゴとして観るか聖霊として観るかで、

全く違うものとして知覚されるんだな、と実感した。


エゴの目線で見れば、オリンピックは、

どの肉体が最も優れているか、

どの国がメダルを最も多く獲得するか、

まさに、ルールを決めて行なわれるケンカ、

攻撃と闘いの祭典となる。


しかし、聖霊の目線から見れば、

スポーツは肉体を使って為されるハートの表現であり、

オリンピックは愛の祭典、ということになる。


ただ、そうはいっても、

ひとたび福原愛ちゃんや内村航平君が出てくれば、

いいぞニッポン!頑張れニッポン!負けるなニッポン!

と、日本人としての自我がむくむくと顔を出す。

また、ミスが続いたりすると「何やってるんだよ!」

と今度は怒りに転じたりする。


そんなオリンピックを見ていて思ったのが、

「エゴって過去なんだ。」ということである。


日本選手頑張れ!中国勢を打ちのめせ!

という判断を下す思いはどこからやってくるのか。

ふっと、何の根拠もなく湧き上がってくる想いの

その基底を成しているのは何なのか。

過去である。


過去が作り上げる〝ふっと上がってくるもの〟は、

エゴの思いでもある。

つまり、過去はエゴそのものなのだ。


エゴが過去なら、聖霊は〝いま〟である。

そういえば、今に在るあの平和な感覚は、

聖霊そのものだった。


今だけを見れば、そこではオリンピック選手たちが、

ただ、パフォーマンスをしているだけに見える。

戦いもなければ、勝ち負けもない。

もちろん、国家もない。


まあ、そんなスタンスでオリンピックを見て、

どこがおもしろいんだ、と言われればそれまでだが…。


こうやって、天国は今に在ったと解かりだすと、

次第に幻想ゲームの数々が楽しいと思えなくなる。


在る自体がエクスタシー…。

(って、高畑の息子はどうなったんや!←by 読者)