香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

新入社員挨拶事件



今日は、

営業企画部員(ちなみに部員は彼一人)として、

数ヶ月前に入社してきたエドモンド(39歳/新婚)

から差し出された赦しで一日を終えた。


今朝、僕は珍しく一番乗りで出社した。

しばらくして、エドモンドが出社してきた。

おはようございます、と互いに挨拶を交わしたあと、

財務のケリーやシッピングのユイが出社してきた。

彼女たちが「おはようございます。」と大声で挨拶し、

僕も彼女たちの挨拶に答える中、

エドモンドだけが彼女たちには見向きもせず、

デスクでスマホをいじっていた。

一瞬、怒りがこみ上げてくる。


〝39歳にもなって朝の挨拶もできないのか。〟

〝挨拶もできない人間に営業を任せておけない。〟

〝彼は就業時間にしょっちゅう煙草を吸いに行く。〟

〝ああ、もう採用ミスだな。試用期間でアウトかも。〟


ちゃんとした言葉にはなっていないにせよ、

大体上記のような思考が脳裏を駆け巡ったと思う。


眼前に現れてくるものをただ赦す。

神から攻撃された→エドモンドを攻撃したい、へと、

すり替えられた殺意をベールの向こう側に見る。

毒素のような黒い塊を観察した後、兄貴へ委ねる。

何もしていない故に無辜な兄弟と自分を赦す。


いつものように赦し、そのまま一日業務をこなした。

そして夕方の6時になった。

タイムカードを打ち、ケリーが「お先に失礼します。」と

みんなに大きな声で挨拶をした。

僕とユイが「お疲れさまでした。」と答える。

ところが、エドモンドは、またまた知らん顔。


これはいくらなんでもダメだろう、と反射的に思う。

それでも、普段の彼は総じて礼儀正しく勤勉だ。

言えば解かる、と僕は思った。

それで、もう一度心の中で兄貴を呼んでから、

「うちは日系企業なので、挨拶は基本中の基本です。

どんなに忙しくても、スマホの最中であっても、

ちゃんと顔を上げて挨拶をするようにしてください。」

と、ユイが退勤するのを待って彼に注意をした。

「はいわかりました。以後気をつけます。」

と、彼はひどく恐縮したように答え、帰って行った。

問題はそのあとだ。

彼に注意したことで、エゴを選んでしまったという、

強烈な罪悪感と後悔の思いに襲われたのだ。


〝自分はエゴの幻想を実在化させてしまった。〟

〝赦したつもりでいて、本当は赦せてなかった。〟

〝まだそこに他者の肉体が実在すると思っている。〟

〝エゴの罠にはまってしまったんだ。〟


毒素のように不快な感情の塊りが、

どくどくとみぞおちの辺りから噴出してくる。


それでも、出てくるものは仕方がない。

帰りの地下鉄の中で、ずっと目を閉じたまま、

その毒素のような思いの流動を見つめつつ、

聖霊兄貴に〝訂正!訂正!〟と委ねていた。


そして、

自我による襲撃の発作がマックスに達した時、

聖霊の声が聞こえてきた。

「過去に何を言ったかは関係ない。

 自分で何かをしてしまったと正当化してはいけない。

 いま、差し出されているものをただ赦しなさい。」


朝、僕が終わったと思っていたものを、

聖霊はわざと夕方にも見せ、

赦しを促したのだと思った。

それは、僕が赦せているかを試す為ではない。

僕に本当の赦しをさせ、捧げさせるためだったのだ。


ただ、兄貴を信頼して、いまやってきているものを

ただ、委ね、明け渡し、赦せばそれでいいのだ。


もう、ここまで来るとエドモンドはどうでもいい。

たまたま僕が、自分の心を彼に投影したに過ぎない。


重要なのは今を使って心の中の罪悪感を捧げることだ。

こうやって少しずつ心を訓練してゆくのだ、と思った。


それにしても、

朝の挨拶ひとつで、こんな赦しに発展するとは…。

聖霊を通して見ていたら、

「朝来たら、ちゃんと挨拶くらいしろよ!」

の一言で済んでいた話だったのに…。

脱力…!


でも、こういう赦しって大事だな、と思うのだ。

じわじわと何年にもわたるような赦し、

例えば小保方さまのようなやつのほうが、

強烈ではあるが、分かりやすくて、赦しもブレない。