香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

スモールびゅんびゅん


↑ 最寄りの駅と山の上にあるアパート間を
  このミニバスで行き来する。片道50円。


先週は国慶節で中国大陸が祝日だったため、

ずっと香港事務所でお籠りの毎日であった。

今日受け取った業務メールは何とたったの2件…。

いくら中国工場と上海事務所が休暇中とはいえ、

これは史上最少である。

それでも業務メールの数は、僕にとって、

ある意味、赦しのバロメーターにもなっているので、

忙しいにもかかわらずメールが少ないと、

ちょっとハッピーなのだ。


というわけで、近頃は特に何の赦しもなく、

平安に過ぎて行った、と思ったら、ひとつあった。

ゲイリーの三冊目を読み終え、昼休みにもう一度、

蛍光ペンで線を引いた部分を読もうと開いたら、

聖霊にホーリースピリット、霊にスピリッツ、と、

いちいちルビが振られているのを見て、

またまたイラッときてしまった。


「もう、ティケリぃーっ! こんなん要らんねん。」

(ちょっと巻き舌…。)


その時、

ベールの向こうの決断の主体が聖霊を選んだのか、

〝ふっ〟と赦しの想いが上がってきた。


しばし本を閉じ、あると思い込んでいる罪悪感を、

ベールの向こう側へと返す作業を行なう。


これは自分の中の赦しであり、相手は一切関係ない。

そして、ベールの向こうで起こっているからくりは、

大体下記のような感じ…。


神から離れた→ 自分は神を攻撃した罪人だ

→ 神は罰を与えるに違いない→ 即刻逃げなければ

→ 本当は聖霊を選び、贖罪(訂正)を受け入れたい

→ でも超怖い→ カタカナ英語だとそうでもないな

→ しかし、自分ではそんなすり替えをやりたくない

→ そうだ。他者がやったことにしてそれを咎めよう

→ 翻訳者に自分の分離の想いを投影してイラッ!


天国から逃げようとする心の中にある分離の想いを、

他人に押し付けて攻撃することで、

罪のすり替えを行ない、自分は悪くないと安心する。

それも〝ルビ振りイラつき事件〟くらいの、

軽いものにすることで、安全に攻撃できるのだ。


自分でも呆れるくらい、

複雑でややこしいことをやっていると思う。


これはまるで中学生の初恋みたいだ。


ほんとうはあの人が好き→

でも自分から言うのは絶対いや→

相手の方から告白させたい→

それで相手の前ではそっけない態度→

それで相手の気を引きたい→

突然ライバル出現!相手をライバルに盗られそう→

阻止せねば→

それでそのライバルを攻撃→

好きな相手にばれる→ 撃沈!

みたいな…。


初めから直接行けよ、と言いたくなるが、

まあ、今の僕たちがやってることは、

これと五十歩百歩だろう。

天国から分離する、とはこういうことなんだね。


〝いまここ〟を強烈に意識する。

無数の次元で展開されている別バージョンの

〝ルビ振りイライラ問題〟を観てから

聖霊に明け渡し、訂正を受け入れる。

誰も何もしていないが故に、赦す。


時間にすれば大体2分くらい。


再び本を開く。

聖霊の隣に〝ホーリースピリット〟と、

小さな小さな文字で撃たれている長蛇のルビが、

何だかとても愛らしく見え、大笑いした。

決してバカにして笑っているのではない。

なんでこんなことにこだわっていたのかと、

ひとつひとつに振られているルビが愛おしく思え、

愉快な気持ちが込み上げてきたのだ。


この〝ルビ振りイライラ問題〟もそうなのだが、

最近どんどん赦しが繊細になってきている。

通勤電車で空いた席に座る、というような

小さな行為ひとつからも、

心の中のエゴの攻撃性を見て赦すようになった。

結局、小保方さま級の事件を赦すのも、

列に横入りされてムカッ、を赦すのも、

どちらも同じで、重要性に差異はない。


なので、こういう日常のこまごまとした赦しを

実践してゆくのは、幻想を明け渡すうえで、

とても大切なのだなとしみじみ感じると同時に、

〝一発ドッカーン!〟も回避できる。


それから、最後にゲイリーの翻訳者の方、

たびたびネタにしてしまい、

誠に、誠に、申し訳ございません。

今回は僕の投影を解除する作業を手伝ってくださり、

ありがとうございました。