香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

罪悪感専門チャンネル



怒涛の忘年会も終わり、工場は旧正モード真っ盛り。

21日から中国が2週間もの休みに入るため、

日本本社では、休み前に製品を出荷させようと、

やいのやいのと必死にけしかけるのだが、

みんなの心は、すでに故郷へと飛んでしまっている。


僕も長期の休みで一時帰国となるので、

その前に月次を出したり、打ち合わせをしたりと、

毎日、冗談か、と思うくらい忙しい。

以前、多重人格者の方から学んだ記事の中で、

〝すべての他者は分裂した自己だ。〟と書いたが、

今日ジムで、

その言葉を噛みしめながら瞑想していると、

「本当は、たった1人の人を完璧に赦しさえすれば、

それで全ての赦しは完結し、幻想は終わります。」

というコースの言葉が浮かんだ。


ああ、そうか。あの多重人格者の女性が、

劇的な統合を開始するきっかけとなったのは、

27もある別人格の中の〝まことちゃん〟という、

たった一人のリーダー的人格を癒し、赦したからだ。

その後、まことちゃんは、他の人格たちを説得し、

「オレたちみんなを幸せにしてくれよな。」と言って、

後のことをおじさんに託し、

他の別人格たちと共に消えていったのだ。


赦すべきたった一人の人物というのは、

自分にとっての〝まことちゃん〟のことであり、

そのまことちゃんとは〝僕自身〟のことだった。

自分の人生に現れる、特に愛憎の深い誰か、

ではなかったのだ。


優しく導いてくれるおじさん(聖霊兄貴)を信頼し、

自分の前に次々に現れる別人格(兄弟たち)を赦し、

最後は主人格(決断の主体)へと統合されてゆく。

そして、決断の主体は最後、夢から目覚め、

神の子として、ずっと天国にいたことを知るのだ。


そういう意味で、

僕たちが正気に戻る第一歩は、

自分が罪悪感専門チャンネルを見続けている

ことに気づく、ということなのだ。


番組の中で、この多重人格の女性は、

「自分なんか、なんで生まれてきたんだろう。」

と何度もおっしゃっていたが、いやいやいやいや、

あなたから、

ものすごく偉大な奇跡を受け取った人物が、

ここに一人おります。本当に感謝しかないです。


僕も、これから、おじさん兄貴に助けられながら、

自分の中から投影されている分裂した自己(他者)を

ちゃんと認識し赦すことで、まず彼らが僕に統合され、

僕は、僕の中に統合された他者と一緒に、

本来、罰せられるべき罪などなく、

全ては起こってもなく、ただ神に愛されていることを、

ゆっくりと思い出してゆくのだ。

そして、

最後は僕も歓んで決断の主体へと戻ってゆくのである。