香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

パーソナルトレーナー


↑佛山の通りで見つけたお菓子屋さんの看板
いま、パーソナルトレーナーをお願いするべきか、

迷っている。

ここのところ、デスクに座っている時間が多いせいか、

少々体型がだらしなくなってきているような気がする。

それに、一人だと、ついつい怠け癖が出てしまい、

2週間に1回くらいしかジムへ行かなくなったり、

毎日、生クリームどら焼きを食べたりしてしまう。

さすがに、このままではいけない、と気づいた。


やはり、肉体を脱ぐまでは、

この幻想の世界に留まっていなければならず、

そういう意味で、

ボディはもっと大切にせねば、と認識した。

まあ、Jくらいになれば、ハッと気合を入れるだけで、

一瞬のうちに肉体も変化してしまうのだろうが、

そうではないのなら、地道にやるしかない。

というわけで、ここは一度、

ちゃんとした専門家から指導を受け、

自分の肉体と生活をきちんと管理してもらおう、

と考えた次第である。


いま通っているジムにいるトレーナーの中から、

誰かよさそうな人を雇ってもいいのだが、

トレーニングの最中にスマホをいじっていたり、

ひどい時には、クライアントに教えるふりをして、

自分がトレーニングしていたりするのを見るにつけ、

正直これはプロではない、と他で探すことにした。


で、何気なく、、

香港在住の日本人のブログを見ていたら、

格闘技系の日本人トレーナーの方がいらして、

トレーニングのコンセプトには、

「80歳になっても世界中を旅できる体を作る。」

とある。

あっ、この人いいかも、と直感し、電話をしてみた。


「どんな身体になりたいですか。」と聞かれたので、

すかさず「厚い胸板!」と答えた。

彼曰く、それには、ただ胸を鍛えるだけではだめで、

胸筋を際立たせるために、わき腹のぜい肉を

そぎ落としてゆく訓練が必要なのだという。

「大丈夫です。全て僕に任せてください。」と、

まるで聖霊兄貴のような頼もしい言葉をかけられ、

早速来週、体験レッスンを受けることになった。


そしてもし、この肉体改造が成功したあかつきには、

再度、鹿児島→大阪→神戸→東京、と、

ピチピチTシャツを着て、おなじみの兄弟たちを訪ね、

ドン引きの彼らをよそに、

〝ナイスバディ見せびらかし行脚の旅〟

を決行しようと考えている。

兄弟!その時はよろしくね!


とまあ、さんざん肉体レベルバリバリな話をした後で、

こんなことを言うのもナンであるが、

本当にもう、神と神の子が持つ意味しかないのだな、

と、しみじみ実感する今日この頃である。

父と子が持つ意味だけを通して観れば、

全てがひとつの同じものでしかないと気づく。


セックスも、美食も、成功も、芸術も、肉体も、

この一体性から発せられるエクスタシーの

別の表現に過ぎないと理解が起こる。


そして、24時間警戒すべきは、この唯一の関係性を、

横領しようとする自我の誘惑だけである。


そんなことを考えつつ、

いつものように奇跡講座をパッと開けば、


〝神の国に居るということは、単にあなたの注意を、

 すべてそこに集中させるということである。

 そして、神の国そのものであるあなたは、

 見かけは気にかけない。〟


という言葉が…。

ぎょ、ぎょ、御意!