香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

化けの皮剥がしまくり隊



いつも、トレーナーが待つジムへ通う途中、

〝打小人〟のエリアを通る。

〝小人〟とは自分に災いをもたらす人のことで、

〝打〟は打つ、つまり不幸をもたらす人を打つ、

要するに香港版〝呪いの藁人形〟を意味する。


このエリアでは、

本人に代わって小人を打ってくれるおばさん達が、

椅子に腰かけ、お客を待っている。

普通、人型をした紙に、

依頼者が消えてほしい人の名前を書き、

それをおばさんが呪文を唱えながら、

脚でぐちゃぐちゃになるまで叩く。

その後、燃やす。

それから龍王に対し、様々な儀式を行なうそうだが、

これは香港特有の風習で、100年超の歴史がある。

ある日、僕がこのエリアの傍を通った時、依頼者が、

鞄から誰かの名刺を出すのを見て、ぞっとした。

こんなエリアが街のど真ん中にあるなんて…。

しかしまた、こういった風習を、道徳上どうのと、

安易に禁止しない香港が、ぼくは大好き!


↑もちもちの鶏の胸肉。どーや!主婦になれるやろ!
最近、

エゴの化けの皮を剥がすのが楽しくてしようがない。

ちょっとした心の隙間に入り込んでくる意地悪な想い、

相手の言動に対して反射的にでてくるエゴの反応、

ちょっと気が重くなるような会合や用事、など、

正体見たり、と、次から次へと兄貴に渡し続ける。

こうして、相手が何もしていないことを認め始めると、

世界が消えてゆくような感覚に襲われる。

そんなことばかり一日中やっていると、

やがて、あらゆる人や物や事柄が聖霊に変わり始める。

それは、本当に変わるのだ。


ふぁちゃんが〝聖なるふぁちゃん〟になり、

店員さんが〝聖なる店員さん〟になり、

100ドル紙幣が〝聖なる100ドル紙幣〟となり、

電車で足踏まれたが〝聖なる足踏まれた事件〟

となる。


もちろん、見えている景色は以前と同じだし、

ふぁちゃんも以前と同じふぁちゃんなのだが、

なんていうか、違うのだ。

有り難いというか、うれしいというか、

もう、あいてが聖霊となって動いている感じ。


全部が聖霊なので、相手が何をしても、

〝はい〟と言って受け入れてしまう。

もちろん、これは違うかな、と思えばはっきり言うが、

それはもはや攻撃ではない。

たとえ、誰かからとんでもないことをされたとしても、

それは誰々さんがやったことではなく、

ましてや、自分が投影していること、でもさらさらなく、

ただ、聖霊がみせていること、というスタンスとなる。


これまでは、聖霊兄貴に導かれながら、

この夢の幻想世界を共に歩んでゆく、

みたいな感じだったが、ある日突然、

世界がまるごと、聖霊そのものになっちゃった!


なんか、日替わりで見え方が変わってゆく。

ジェットコースターに乗っているみたいで、

ちょっと、スリル満点な僕のまいにちである。