香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

キュンキュンしながらさようなら



今更こんなことを言うのも気が引けるのだが、

自分は、父の愛の中、天国の光の中、

ハートのエクスタシーの中にずっといたことを悟った。


〝なあんだ。これ、ぜーんぶ夢じゃん。〟

でも、夢を見ているのは聖なる神の子供なのだから、

夢の内容も〝愛の夢〟で満たされていて当然だ、

と言える。


だから、いま、ここで自分が見ているこの夢が、

どんな夢であれ、豊かな愛の光で満ちている、

と気づく。


肉体改造をしている夢も、小説を書いている夢も、

ベトナムのハノイへ留学している夢も、

父が待つ故郷へ帰還するという夢も、

叶ったときに完璧なのではない。

その過程を歩んでいる、まさにこの時点がすでに、

最高に幸せで、愛の中で、100%完璧なのだ。


未来に見たい幻想と今とを比べて、

まだまだ足りない、と、欠乏感を感じている。

自分の体はまだまだだ、自分の小説はまだまだだ、

父が待つ故郷まではまだまだだ、というふうに、

欠乏感を〝ふっ〟と湧き上がらせてくる自我に、

自分は聖なる神の子だ、と宣言してやる。


いま、周囲にいる優しい人々や環境の中に、

愛と感謝を見る。


なので、

奇跡を実践しはじめた人にとって、

やりたいことをやって生きる、ということは、

幻想の世界の夢のアイテムに、

ひとつひとつ別れを告げてゆく行為でもある、

と思うのだ。


それ故に、小説を書きながら、肉体改造をしながら、

仕事をしながら、ベトナム語を勉強しながら、

やりたいことを思い切り楽しみながら、

その夢の出来事のひとつひとつに、

さよならをしてゆけばよい、と思っている。

というわけで、肉体改造の真っ最中である。

トレーニングの1時間はもう地獄のようにきつくて、

「だめ、無理、できない。」を連発するヘタレな僕に、

「できる。弱音吐かない。続けるっ!」と、

かなりドSに追い込んでくれるトレーナーなのだが、

昨日はとうとう、スクワット、ベンチプレス、背筋、

ときて、ショルダープレスになった時、スタミナが切れ、

もう、一回もダンベルを上げることができなくなった。


それでトレーナーと話し合った結果、

やはり、一日一食だと厳しいトレについてゆけず、

このままでは筋肉が痩せてしまうため、今後は、

朝にバナナとプロテインバー、昼に、ゆで卵とチーズ、

トレ前に、ハムとプロテインバーを摂ることになった。


それで今日、トレーナーが指定するプロテインバーを

モンコクの専門店で大量買いしてきた。

このブランドが一番タンパク質の吸収が早く、

糖質ゼロで、味も良いのだという。


今のところ、目に見える成果としては、

お腹に腹筋の筋のようなものができ始めた、

あごの輪郭がくっきりして、顔が小さくなった、

胸がちょっと張り出してきた、といった感じか…。


それにしても、

なんで厚い胸板、などとほざいてしまったのか。

目標達成のため、トレーナーは回を重ねるたびに、

どんどん僕の胸に負荷をかけてくる。


それでもあと2か月半、頑張るしかない!