香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

いま、この道すがら


↑ 昼間見るとこんな感じ
先週土曜日から今週火曜日まで、

端午の節句の祝日で香港は4連休だった。

この4連休を、いつものように、うだうだぐだぐだと、

何となく無為に過ごしてしまわないよう、

iPhoneのスケジューラーを使い、

きちっとスケジュールを立てて行動することにした。


僕の休日がグダグダになってしまう最大の原因は、

起床する時間が遅すぎる、という点にある。

早朝5時くらいに寝て、午後2時ごろに起きる。

起きてから、ちょっとテレビを見てボーっとしていると、

いつの間にか夜になり、

気が付けば一日が終わっている、というパターンだ。


なので先ず、トレーナーとのトレを早い時間に入れ、

絶対に早起きをせねばならない状況を作った。

また、小説を書いている時も、

途中からネットを見たりしてグダグダしないよう、

創作中は家のネット回線を完全シャットダウンした。

       

こうして工夫を重ねた結果、今回の連休は、

グダグダになることもなく、超リア充で過ごせた。

それにこのiIPhoneのスケジューラーは、

すごく見やすくて、いろんな機能も充実しているので、

これなら続けられるかな、と思っている。


それで、

スケジューラーに明日の予定を書いていると、

なんだかワクワクしている自分にふと気づいた。

「明日、何しようかなあ。

 あっ、新しいワイシャツ買わなきゃ。

この隙間の時間にあのショップに行けるぞ。」

と、買いたいシャツのデザインを思い浮かべたりして、

なかなか楽しいのだ。


まあ、予定表に予定を書き込むということは、

「自分は明日これをやります。」と宣言することであり、

また、明日その予定が絶対実現できていると、

100%確信しているから書き込めるわけで、

そういう意味からすれば、これもまた、

こうなっている自分を先取りする行為だとも言える。

要するに、予定を書き込んだ時点で、その予定は、

すでに起こることが確定した、ということなのだ。


そこで、今後はスケジューラーには、

仕事や、やるべき事柄以外に、こうありたいな、

こんなことすると楽しいな、あれが欲しいな、という、

ちょっとワクワクするような行動も書くことにした。


例えば、僕は今、

黒革ベルトの文字盤がすごく大きな腕時計が欲しいな

と思っているのだが、そこで予定表には、

明日の6時からトレの帰りにタイムズスクエアで、

時計屋さん回り、と入れてみる。

また、

自分もこんな作家になりたいな、と思う作家の本を、

書店へ見に行く時間を入れてみたりする。


何年何月何日に自分はこうなっている、というような、

今の現実ではまだピンとこない願望を書くのではなく、

あくまで、現時点の自分より少しワクワクするような、

それでいて、すでにそうなっている自分を、

難なく予感できるような、要するに、

自分の〝手におえる〟予定を入れるのがミソだ。


そして、これが一番大切なのだが、これらの予定を、

僕の最大にして唯一の敏腕マネージャーである、

聖霊兄貴に委ねきる。

そこで、聖霊兄貴に全てを手配してもらうために、

予定項目の前に〝聖なる〟という言葉を加えてみた。

すると、なんだか、全てを聖霊の采配に委ねたような

不思議な感覚になってくる。

        
        ↑肉体改造も2か月目の佳境に突入
こうやって予定を書いてみると、

結局、個人の肉体としての僕たちって、

いかに何にも分からない状態であるかを

実感させられる。

未来のことも分からない、過去の記憶も定かでない、

前世の事も覚えてない、知っていることと言えば、

今やってることと、明日何をしようかな、くらいで、

それだって、ほんとうは怪しい限りである。

要するに、なにもわからずに生きているのだ。


だからこそ、いま、眼前に顕われている世界を、

ちゃんと赦していることがとても大事なのだな、

と思っている。

それは、今の平安をちゃんと楽しんでいること、

幸せでいること、なのだ。

何のために? 夢を終わらせるためにだ。

あとは敏腕マネージャーの聖霊兄貴に、

安心して任せていればいい。


まあ、逆の見方からすると、

どうせ、何もわからないのであれば、

幻想なんだし、楽しくある必要もなければ、

赦しも聖霊もどうでもいい、という考えもあるが、

僕としては、

分かっていながら延々夢の世界に居続けたくない。

騙されているのにはうんざりなのだ。

さっさと店じまいをして、

父が待つ本当の故郷へ永遠に帰りたいと思っている。

そしてもう、帰還は決定されたのだから、

いまのこの道すがらを、思い切り楽しむつもりだ。