香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

世界が消える

今日は、仕入れ業者を集めての説明会の日だった。

佛山で一番高級なスイスホテルの会議室を借りた。

閉鎖の2か月前から部材を買い控えていたためか、

出席者はそう多くはない。全部で20人くらいか。

3年前の深圳工場閉鎖の際も説明会を開いたが、

この時は100人以上集まった。


海坊主総経理がお詫びと挨拶をし、

続いて香港の総経理が、今後は香港を経由して

部材を調達し、フィリピンへ輸出する趣旨を伝えた。

そして、最後に僕が、払い残った買掛金の支払いを、

どうやって実行するかという手順を説明した。

ここでも、業者さんたちの大きな動揺もなく、

説明会は滞りなく終了した。


その後、僕だけ他のラウンジへ移動し、

会計士さんと打ち合わせをした。

今回、会社を完全に閉鎖するにあたって、

信用できる会計士さんは必要不可欠だ。

そこで、今うちの会計を担当してくれていて、

出産を機に退職した会計士さんに、

今後の清算処理業務をお願いしようと思ったのだ。


だが、彼女は、以前起きた、

税金還付チョンボ事件のことを気にしていた。

これは彼女の責任ではなく、元上司(女性/40代)に

問題があったのだが、うちの仕事を引き受ければ、

その元上司から何か嫌がらせをされるのでは、と、

気に病んでいた。地方の会計事務所のため、

親戚縁者が、役所や税務署にどれだけいるかで、

力関係が微妙に違ってくる。

↓会計士税務申告チョンボ事件の記事はこちら↓ひとつの意味 - 奇跡講座(奇跡のコース)と純粋非二元のブログ 香港さんといっしょ!

大丈夫。

これ、全部俺が見てる夢で、消えてゆくだけだから。

それに、何が出てきても幻想を父に返すだけだし…。

僕は、

「兄貴、どうすればいいか教えて下さい。」

と、大きく深呼吸して委ねたあと、


「やはり、あなたがいいです。あなたで行きましょう。

 何も怖がることはないです。僕がフォローします。」


と、〝ふっ〟と選択した想いを彼女に告げた。

彼女は、お地蔵様のように善良な表情をして、

分かりました、と答えてくれた。


こうして夕方6時の船に乗り、佛山を後にした。


深圳工場、売却されたフィリピン工場、上海事務所、

佛山工場…、それから、僕の赦しの対象となり、

今はもういなくなってしまった、多くの同僚たち…。


僕の人生から、

中国が消える、会社が消える、人が消える…。

なんか、赦せば赦すほど世界が消えてゆく、

というのが僕のいまの状況である。


そして、消えて行った全ては、僕の中で統合され、

みんなで最後の一歩を待っている。