香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

上書きされた人生


↑昼休みにジムへ行く。多くのビジネスマンが、
 昼休みを利用して体を鍛えている。

先日、

ジムで身体測定をしたところ、僕の背が伸びていた。

もともと167cmだったのが、169cmになっていた。

この年齢でいくらなんでもおかしい、

とトレーナーに言うと、

実は、中国に住む彼の友人(もちろん成人)も、

2センチほど背が伸びているのだという。

まあ、筋トレによって歪んでいた背骨が伸びた、

ということも一因しているらしいのだが、

中国産の食物にも原因があるかもしれない、

と、トレーナー氏は指摘した。


というのも、

中国で養殖されているウナギやマグロ、

ブロイラーなどの鶏肉に与える飼料の中に、

大量の成長ホルモンが混入されていたことが、

政府の調査により発覚した。

少しでも早く家畜を成長させ、

肉付きをよくすることが目的らしいが、

その量は基準値をはるかに超えていて、

人間の人体に影響を及ぼすレベルなのだという。


そういえば僕も最近、トレーナーの指導のもと、

中国製の鶏肉ばかり食べている。

背が伸びるのは喜ばしいが、

成長ホルモン値が高い食物を取り過ぎると、

髪の毛が抜けたり、吹き出物が出たりするらしい。

そう言えば、香港あるあるの代表的なものの一つに

香港女性の髪の量がとても少ないというのがある。

若い女性でも、地毛が見えるほど毛髪が薄いのだ。

そのことをトレーナーに告げると、

彼も同じことを思っていたという。


今後は中国産の肉や野菜は避けようと思うが、

一方で、このまま中国産鶏胸肉を食いまくれば、

170cmの大台も夢ではない、と思ったりする。

ああ、兄貴、どうすればいいか教えてください。

えっ?

このまま成長ホルモン入りの胸肉を食いまくれって?

らじゃー!


↑佛山では飲み会を避け、ステーキオンリーで…。
 奥にある赤い本は『不死という…』


というわけで、この間も書いた記憶についてである。


以前、

本人の人生の記憶は、朝目覚めた瞬間に作られ、

本当には何も体験しておらず、昨日も存在しない、

というような話を書いたと思うが、

これがまんざら嘘ではないと思う今日この頃である。


朝、起きた瞬間、新たに記憶が上書きされた、

星谷周作という人間が、さっ、と立ち上がり、

その日一日、星谷周作として、

夢の世界で、昨日の夢の続きを開始する。

しかし、そこには記憶の集積と、

それに沿って作られたたVR世界があるだけで、

本当は、なんの体験もしていない。

ただ、毎日、記憶の上書きがされているだけである。

別の言い方をすれば、

何度も同じ記憶をループし続けているだけなのに、

その記憶が〝人生で体験されたこと〟として、

知覚されているのだ。


これって、

スマホや任天堂のゲームの中の登場人物が、

自分の存在に疑問を持ち始めるのに似ている。

しかし、ゲームの製作者や操縦者にしてみれば、

ここがVR世界だと気づかれることは、

絶対に避けたいところだ。

なぜなら、思い通りに操縦できなくなるからだ。



このループから抜け出すためにどうすればいいのか、

ゲームの登場人物である自分には何もわからない。

しかし、自分はただのゲームの登場人物ではなく、

本当は永遠の存在である、ということを知っている。


正気に返るにはこの〝記憶上書き世界〟から降り、

正気の記憶を持っている者の導きに頼るしかない。


そうして、成長ホルモン入り鶏肉を食べている時も、

遅刻をしそうだとあせっている時も、

毎朝、上書きされ、更新されるデータを、

全て背後の〝正気なるもの〟へ明け渡してゆく。


1.もとより誰も行なっていないことの全てを赦すこと。

2.存在しないものを、ただ通過させること。

3.非実在のものを実在のものとみなさないこと。

4.聖なる神の子の意志が行なわれるに任せること。

5. 神の子は夢の世界など必要としない事を思い出す。


とまあ、こんな感じで、記憶の世界を消していっている。