香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ピピピで帰る!


↑トタンの塀が飛ばされてゆく。


昨日は、佛山の資源開発公司というところへ赴き、

工場の大家さんでもある副党書記の人に会った。

というのも、

賃貸契約がまだ一年ほど残っているのだが、

今回の工場クローズを受け、

契約を9月末で打ち切りたい、おまけに、

家賃は敷金から相殺して11月までいさせてほしい、

と、なんとも虫のよいお願いをしに行ったわけである。


存在しないものを、ただ通過させながら、

聖霊兄貴の意志に任せ、その信頼感の中で、

ふっと出てくる想いを述べつつ打ち合わせに臨んだ。


妻夫木を20キロほど太らせたような副党書記

(痩せればイケメンかも)は、最初、難色を示した。

そこで、

「もし聞き入れていただけたら、

 100万元を投資して敷設した大変圧設備を、

 取り壊さずにそのまま置いていってもいいですよ。」

と言ってみたところ、相手の態度が変わった。

まあ、撤去費用もかかるため、

できればタダで置いてゆきたい代物なのだが、

多くの電力を必要とする工場では、

電気量を増幅させるこの設備は必須アイテムであり、

今後の誘致のためにも、大家側にとっては、

是非とも残して行ってもらいたい設備でもある。


結果、11月末まで工場が必要な理由書を提出し、

上層部で承認をもらうカタチでOKとなった。


今回、鎮政府が協力的だったのは、解雇の際、

労働者や業者へのうちの会社の対応に、

一定の誠意が見られたため、党書記自身が、

うちの会社にとても良い印象を持っている、と、

通訳の人が耳打ちしてくれた。


↑小さなペットボトルの水2本で2800円

そのまま、香港へ戻る予定だったが、

聞けば、台風が直撃するということで、

そのまま佛山市内のホテルに一泊することになった。

部屋でボーっとしていると、ものすごい風雨となり、

ホテルから一歩も出られなくなった。

いつものステーキ屋へも行けないので、

ホテル内の日本料理店でとんかつを食べた。

ただ、普段は、乗る直前に船の切符を買うのに

なぜか、今回は、事前に明日の船の切符を

確保しておいた方がよい気がして、風雨の中、

近くの切符売り場までチケットを買いに行った。


あくる日、フェリー乗り場は人でごった返していた。

昨日、台風で船に乗れなかった人たちが、

大挙して押し寄せて来ていた。


以前から僕は、突然、ピピピ、と入ってくる、

「なんだか、こうしたほうがいいような気がする…。」

という直感に従うようにしている。

こんなの意味がない、どっちでもいいんじゃないか、

と思えるようなことでも、その通りに行動してみる。

もちろん、

物事がうまく運んだり、得することが目的ではない。

直感に従った結果、えらい目に会っても構わない。

起きた現象だけを見て、うまく行ったかどうかなんて、

個の肉体の自分に判断できるわけがないからだ。

だから、聖霊兄貴に明け渡した後は、ピピピ、と、

入ってくる直感にとりあえず従ってやってみる。

それが聖霊を信頼していることだ、と思うから…。


↑300円のお弁当が1700円に…。

香港に戻ると、台風がすごいことになっていた。

マカオではいまだに水や電気が来ていないようだ。

窓ガラスが吹き飛び、木々が倒され、車が横転し、

民家が水浸しになり、と、大変な惨状なのだが、

そんな中、当然のように、

1本50円の水が1000円で売られていたり、

普段300円の弁当が2000円で売られていた。

なんだか悲しい気持ちになった。

日本の3.11東北大地震のときは、

みんなが礼節を保ち、物資を分け合いながら、

励まし合って過ごしていた。

なのに、そんな人々の苦しみにつけこみ、

儲けようとする人がいるなんて…。


ぐっ、と込み上げてくるものをそのまま見つめつつ、

誰も存在せず、何もしていないことの全てを赦す。

存在しないものを、存在しないものとして通過させる。


↑赤ワインはカルメネール種が一番好きだ。
 超フルボディで〝黒ワイン〟と呼ばれるほど、
 色も味も濃厚である。

夜、ワインを飲もうと台所へグラスを取りに行ったら、

なんか普通のグラスで飲むのもいいかもと思った。

しかし、すぐに、

ワインはワイングラスで飲んだ方がおいしいのだ、

と思い直しワイングラスを手に取ったが、やはり、

最初の直感通り、普通のグラスで飲むことにした。

別にどのグラスで飲んでも同じなのだが、

それでも、最初の〝ピピピ〟で正解なのだ。

どのグラスで飲んでも同じだよ、というのは、

個の自分の判断でしかなく、

普通のグラスで飲むことによって、

裏ではものすごいスケールの設定の書き換えが、

なされてるかもしれないからだ。


もう、ゆだねるしかない。