香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夢見の真相


↑しっぽ、長っ!(後ろのコードのような線がしっぽ)


先週、佛山工場へ行ったとき、

ふぁちゃんが「ネズミを捕まえた。」と言って、

わざわざ、僕の所へ見せに来た。

夜、自分のデスクの下に罠を仕掛けて帰り、

あくる朝来てみたら、捕まっていたのだという。

「でも、可哀そうだから逃がしてあげるの。」

と、何ともしおらしいことを言うふぁちゃん。

どこへ逃がすのか、と聞いてみれば、

「隣りの工場。」だって…。

さっすが、ふぁちゃん。

ゲイリー三部作を読破しただけのことはある。

土曜日は久々に活動的な一日を過ごした。

午前中、ジムで自主トレをし、

午後、垢すりとマッサージへ行き、、

夜は、日本人の友人とクラブへ繰りだした。

帰宅したのは朝の4時。こんなの何年振りだろう。


楽しいのは楽しいのだが、

やはり、後から感じられるのは、

何をしようと、どこにいようと、

やっぱりなにもない、という空っぽ感。


ジムでは、身体測定をしてもらった。

トレを始めた4か月前、

66キロあった体重は59キロになり、

体脂肪率も26%から17.5%まで減少していた。

トレーナー曰く、体脂肪率が15%を切ると、

腹筋が6つに割れてくるのだという。

でも、今週から日本一時帰国だから、無理だね。

と、そこまで来て、

そのような夢を見ている自分に気づく。


〝夢を見ている者は目を覚ましてはいないが、

 自分が眠っていることも知らない。

 彼は自分が病気だったり健康だったり、

 落胆していたり幸福だったりする幻想を見るが、

 それには結果が保証される安定した原因はない。

 奇跡はあなたが夢を見ているということ、そして、

 その内容は真実ではないということを確立する。〟

(『奇跡講座』〝第28章恐れの取り消し〟より抜粋)


実在ではないものを全て神に返す。

真に受けずに、戻してゆく。

暴露された夢を、夢だと知覚しながら、

夢の中で、帰還の準備をしながら平安に過ごす。


↑娼館の女主人と強盗の頭。共に疑似人間。
今日、ウエスト・ワールドの第9話を見た。

このドラマ、もう絶対に確信犯だと思う。

仮想空間を扱った近未来ドラマのように見せてるけど

この疑似人間たちって、全部、

エゴに操られている僕たちのことじゃん。


【ホスト(疑似人間)である娼館の女主人の言葉】

「神々が用意したと思っている富をこの目で観なさい。

 そのとき、あなたは狼狽し、途方に暮れる。」

そして、女主人が、盗賊に向かって、

盗もうとした金庫を指さし、開けるように言う。

「からっぽだ。」

金庫を開けて、盗賊が言った。

「そうよ。この世界の全ては空っぽよ。

 私達は操られている。

 奴らは、私達の命や記憶をゲームにしている。

 私達が死んで、また同じ人生を繰り返しても、

 金庫はやっぱり、空っぽのままなのよ。」


【ホストを製造している研究者の言葉】

「ホストは、私が設定したプログラム言語を、

 内なる思いだと勘違いし、やがて、それを,

 自分の考えだと信じ込むようになる。」

「死もまた、

 私がホストに与えた一つの記憶なのだよ。」


【意思を持ち始めたホストが、ニセの創造主に言う】

「君が造ったこの世界は、何もかもが馬鹿げている。

 だが、彼(真実の創造主)が私を創ったのなら、

 彼は真実と共に私の記憶の奥にいるはず。

 始まりへ戻らねば。さあ、最初の記憶へ私を戻せ!」


↑エゴ目線のウェストワールドの創造主
僕自身が、完全にここが夢だと気づいているから、

どのドラマを見てもコース的に解釈してしまうのか、

はたまた、本当にこの幻想世界が変わりつつあるのか、

そのあたりは定かではないが、

ただ、僕の夢見も、いよいよ佳境に突入したな、

と、感じる今日この頃である。