香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

香港が消える日

いま、香港について考えている。

ここ最近の香港は、もう、

かつて僕を惹きつけたような、欲望ギラギラの、

自由で、活気に満ちた場所ではなくなりつつある。

共産主義の中国へ返還された後も、行政特区として、

高度な民主的自治を認められてきた香港だが、

ここへきて、その民主が次々と弾圧されている。


香港独立のプラカードを持ち、

街頭に立っただけで逮捕され、

少しでも共産党政府を批判する書籍を販売すれば、

書店の店主たちが次々と謎の失踪を遂げ、

大学内で政治的集会を開くと、学生たちが拘留され、

民主寄りの政治家はみな辞めさせられてしまった。

ネットで香港独立と書いても駄目、

新聞で共産党幹部を批判する記事を書くのも駄目、

と、もう、民主と言論の自由は風前の灯である。

自分は今までこんなにあやうい場所にいたのか、

と、愕然としてしまうほどだ。

この状況に、女性行政長官(香港の首相的存在)は、

「いやなら、香港から出て行けばいいじゃないの。」

と、平然と言ってのけた。


そして、極めつけは、今回、

香港から大陸へ直通の新幹線を通す計画の中で、

香港側の駅の管理は全て中国側の政府が行なう、

と、中国側から一方的に通達して来たことだ。

香港でありながら、共産党の法律に基づいて、

中国の公安警察によって管理されるのだ。

この話を聞いて、もうそろそろ潮時かな、と思った。


僕は日本人で、ある意味〝よそ者〟だから、

こんな悠長な甘いことを言っていられるが、

香港で生まれ育った人たちにとっては、

そんな簡単な問題ではないだろう。

もし、日本がこんな状態に置かれたら、

軽々しく、潮時かな、などとは言えないだろうと思う。


それにしても、自由ってなんだろう。

香港独立を主張したり、共産党批判さえしなければ、

金を稼いで、家族を養って、外国で爆買いもできて、

普通に自由で安全な生活が保障されますよ、と言う。

確かに、国家的闘争や社会的思想というのは、

普段の自分達の日常生活とは、

ほとんど関係がないように見える。

しかし、本当にそうなのだろうか。

もし、自分が書いたブログやFBの記事が、

政府の意向で勝手に削除されてしまったら?

奇跡講座やエックハルトやバシャールなど、

スピリチュアル的な活動をしただけで、

逮捕、拘留されてしまったら?


こういうとき、

コース的にはただ、僕が投影している香港を、

誰も何もしていないこととして赦すだけだ、

ということになるのだろうが、

それでも、自分の中の深い部分では、

もう、この香港という夢見は卒業だ、

ということが感覚的に解かっている。

今回の大いなる赦しの日で中国が消えたように、

僕にとっての香港が消える日も近いのかもしれない。

だが、それは、嫌になって手放す香港ではなく、

癒やされた結果として消えてゆく香港であるべきだ、

と思うのだ。

というわけで、明後日、日本へ帰国する。

今回は3週間近い長期休暇となる。

やっぱり、あちこち旅行しまくるのはやめ、

実家の大阪でまったりゆったり過ごすことにした。

途中、コース兄弟に会いに四国へ行くのと、

兄弟てっちゃんち(一応東京)へは行く。

ただ、東京本社へ一日だけ出社するので、

東京へ行く新幹線代とホテル代が出る。

兄弟てっちゃんに会えて、

おまけに出張手当まで出るなんて、

社長!ごっつぁんです!

そして、てっちゃん!

当日は肉を大量に買っていくからね。

背が伸びると噂の中国産鶏の胸肉、だけど…。