香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神派



奇跡講座の中の「ただ静かに、じっとしていなさい。」

という言葉を目にしたとき、そういえば自分って、

ホントじっとしていないな、としみじみ思った。


例えば、

家でくつろいでいる時や、ボーっとしている時、

自分では、静かにじっとしていると思っているけれど、

途中、ふっ、と何かを思いつくたびに、

スマホに手を伸ばしたり、ネットを検索したり、

冷蔵庫へ飲み物を取りに行ったりしている。

そうして、いざ、静かに心の中を内観しようと、

ソファの上で目を閉じたりすると、突然、

背中が痒くなったり、トイレへ行きたくなったりする。

さっきも、静かに瞑想していた際、

たこ八郎って、まだ生きてるのかな、

と思うと、いてもたってもいられなくなり、

即行、ウィキを検索しにPCの前へ向かった。


まあ、一人暮らしの僕でさえそんな感じなので、

家族と一緒に住んでいたり、子供がいる人だと、

よほどの気概を持って臨まない限り、

静かにじっとしている時間を持つなんて至難の業、

だと推察する。


しかし、J兄貴を自分の心に招き入れようとすると、

自動反応的に活動しているエゴの活動を停止させ、

静かに、微動だにもしない一瞬が必要となってくる。

それは逃げ回る猫を捕まえようとする行為にも似て、

ちょこまかちょこまか、あれこれ用事をしながら、

思い立ったように〝あっ、聖霊!〟とやったところで、

外向きの心を兄貴はキャッチできないのだ。


なによりエゴは、

僕たちが静かになることを恐れている。

静かにじっとしていれば、本当の原因は心にあり、

分離は一度も起こっておらず、

故に僕たちは完全無欠で、戻る必要すらない、

ということに気づいてしまうからだ。

エゴなんて存在してなかった、なんてことを、

見抜かれたりしようものなら、

エゴはたちまち存続の危機に陥り、

もう死に物狂いで立ち向かってくるだろう。

そうならないために、スマホ、ゲーム、VR、と、

エゴは次々と秘密兵器を送り込んでくる。


だからと言って、

今さらスマホを放棄するのもナンだし、

エックタルトが言う、今の静寂にいる、ために、

座禅を毎日するのもナンだかなあ、なので、

僕の場合は、はっと聖霊を思い出したら、

とりあえず、物理的に身体を動かさないことにした。

一瞬、無理くり身体の動きを止めてしまうのである。


例えば、

会社の応接室で誰かと打ち合わせをしていて、

はっ、と、ここが〝聖霊で満たされた自分の心の中〟

であることを想い出した瞬間、とりあえず話を中断し、

ストップモーションのように一瞬じっと固まってみる。

そして、聖霊にフォーカスしてからまた続ける。

その間、1−2秒。

すると、ああ、そうだった、と我に返る。

数日やると、

だんだん〝聖霊がいっぱい状態〟が板についてくる。


それで、物理的に身体を動かしているときって、

だいたい無意識になってる、ということに気づいた。

これからは、じっとしている時間を大切にしよう、

と思った。

というわけで、先週、出張で東京へ行っていた。

今回は、日本航空である。

普段から、あのイケイケキャセイ航空の、

シャカシャカしたサービスに慣れているせいか、

JALのほんわかした雰囲気には本当に癒される。

荷物キャビネット争奪競争もなければ、

冷房効きすぎで寒さに震えることもない。

CAさんの所作も丁寧で、

ほら食え、的な機内食サービスもない。

久々に、八丁堀の東京本社に出勤した。

なんだか東京のサラリーマンになった気分。


昼から、社長や役員と面談をした。

そこで、本社帰任の打診を受けた。

例の女性課長が辞め、財務が回らなくなるため、

本社のほうを助けてほしい、ということだった。

それに、香港での僕の経費も削減したいらしい。


心の準備はできていた。

ただ今回は、肉体と自我をすべてJに委ねて臨もう、

と決めていたので、まずは話を全て聞いた上で、

〝ふっ〟と出てきた思いを言葉にすることにした。

それで〝ふっ〟と出てきたのが、

このまま香港で、再建に向けて頑張りたい、

というものだった。

詳しい内容は覚えていないのだが、

縮小縮小ばかりの仕事をするのは嫌だ、

みたいな事を言ってたように思う。

ただ、それまでは、東京での新たな暮らしに、

ちょっとワクワクしていたし、どこに部屋を借りよう、

とか、いろいろと思いを馳せていた。

しかし、

突いて出た言葉は、会社を何とかしたい、

そのために香港でまだやることがある、

みたいなことを熱弁していた。


気が付けば、本社勤務は〝保留〟となっていた。

「辞令を出して命令するのは簡単だけれど、

 そんなことをしたところで、

 君がやる気を出すとは思えないからねえ。」

と社長は言った。


こうやって、怒涛の本社出張は終わったのだが、

香港に残る残らない、ということよりも、

こういう〝心の中が投影された物語〟を使って、

心の中を赦してゆく、明け渡してゆくことで、

自分はエゴなんかではなく、完璧な神の子なんだ、

という自覚を芽生えさせていけることがうれしかった。


もうこれからは、

絶対に、絶対に、絶対に、神しか選択しない。

そのことを強く実感できた旅であった。


でも、東京は寒かった!