香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

寡黙でクールな香港さん


↑以前佛山工場にいた購買部長が深圳で起業し、
 そこのオフィスにふぁちゃんが、
 居候させてもらうことになったため、
 菓子折りを持ってあいさつに行ってきた。


今年の旧正月に日本へ里帰りしようか迷っている。

去年は1月に帰り、死ぬほど寒かった。

今年はどこか別の暖かい国へ行こうかとも思ったが、

この時期、中華圏全域が休みなので、

どこへ行っても混雑しているだろうし、

ホテル代や航空運賃も高い。

やはり、実家でまったりが一番かな…。

それに、今年の旧暦の正月は2月16日、と、

かなり遅めなため、

その頃には日本も少しは春めいているのでは、

と期待している。

というわけで、年末である。

昨日、用事があって本社に電話したら、

仕事納めの打ち上げパーティーをやっていた。

電話に出た男性も酔っぱらっていて、

わいわい盛り上がっている様子だった。

今回は休みの並びがよいらしく12連休の人もいる。

旧正月が本番の香港は、

年末28日から1月1日までの4連休しかない。

で、こちらも負けじと、夜、香港事務所の仲間5人で、

チムサーチュイの日本料理居酒屋で忘年会をした。


去年の今頃のブログ記事を見ると、

忘年会にはシッピング担当のYUIが参加していた。

しかし、6月に彼女が去り、

新たにアップルさんが入社してきた。

そういえば今年は、

出会いよりも別れの方が多い一年であった。

佛山工場を閉鎖し、上海事務所も無人となり、

本社からもたくさんの人が去って行った。

しばし、過去の記事を読み返してみる。

たった11か月前には、

レストランのワンフロアを借り切り、

佛山工場の大忘年会を盛大に開いていた。

そんな中、

自分の心の中が投影された幻想空間に、

次々と現われては消えてゆく事象の数々を、

懸命に見送ろうとしている自分がいた。

うう、ちょっと感無量…。

自分自身、今年一年で最も変わったなと思える点は、

人や物事の中にあまり差異を見なくなったことだろう。


これまではまだ、

肉体の中に自分がいるという感覚が強かったせいか、

あの人はこの人より悟っている、とか、

あの人は自分より成功している、とか、

あの人の方が自分よりかっこいい、など、

どうしても、肉体レベルで優劣を判断し、

不安になったり、嫉妬したり、恐怖したり、

追い抜くために努力したり、していた。

だが、本当の差異は、

幻想(自我)と実存(天国)の間にしかない、

ということが理解できてくると、

幻想の世界で起こるあらゆる差異は、

ただの〝特色〟として知覚されるようになる。


もちろん、日常生活では、

違いは違いとして、認識はされている。

大学に合格できれば、おめでとうと言うし、

結婚したら、お幸せに、と祝福する。

だが、神側のボーダーを超えたところから見ると

全ては祝福となり、差別にはならない。

誤解を恐れずに言うならば、

合格できなくても「おめでとう!」だし、

離婚しても「お幸せに!」となる。

そういうわけで、とりあえず2018年は、

無口で喋らないクールな香港さんで行こうと決めた。

何でこんなことを思いついたのかと言うと、

普段、日常会話の中で、誰かと会話をしている時、

必ず心が聖霊不在の無意識状態となっており、

意識の矢印が外側へ向いていると気づいたからだ。

一度、意識的に試してみればわかると思うが、

聖霊をキープしたままで友人と会話しようとしても、

5秒もしない間に無意識状態になっている。


それが分かったので、来年は少し、

ぺちゃくちゃ話しまくることよりも、

無意識の心が何をしているのかを、

〝じっと観る〟〝ちゃんと認識する〟をメインに、

貴乃花親方の根性でやっていこうと思っている。


それで当初、寡黙のお手本になる人物として、

ハレ師匠か、高倉健を目指そうと考えたのだが、

そんなことをしたら知恵熱を出して寝込んでしまう

のは目に見えているため、なので当面は話す量を、

兄弟てっちゃんの奥様であるさおちゃんの半分、

を目標にやってゆくことにする。