香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

経験が邪魔をする

f:id:shusaku1:20181024112949j:plain

 

いま、フィリピンに来ている。

 

今回は、香港からキャセイ便でマニラ入りし、

 

市内にある会計事務所で打ち合わせをした後、

 

工場のあるスービックへ移動した。

 

フィリピンでは、まだハロウィンも終わってないのに、

 

すでにクリスマスシーズン真っ盛りで、

 

街にはジングルベルが流れ、工場へ行くと、

 

エントランスに大きなクリスマスツリーが置かれ、

 

トイレの鏡もソリのカタチに雪化粧されていた。

 

聞けば、SEPTEMBERのように、後ろに-TEMBER

 

が付く月からクリスマスは始まっているのだという。

 

ええっ、

 

一年の三分の一がクリスマスって、どういうこと?

 

 

クリスマスと言えばJ、Jと言えばキリスト、

 

一年の三分の一をキリストで盛り上がる

 

フィリピン国民ってすごいっ!

 

f:id:shusaku1:20181024113142j:plain

 

で、フィリピン工場の事務所で、

 

業務用のノートを広げると、

 

フランシスの言葉をメモしたページが出てきた。

 

昼休みに映像を見ながら書き写した文章だった。

 

 

〝戦争、憎しみ、恨み、そして病気、

 

でもこうしたことは、あなたが悪いわけではなく、

 

あなたに責任はありません。

 

だから私たちはリラックスして、

 

「私たちには間違いについての責任はないが、

 

   その訂正を受け容れる責任はある。」

 

と思い出せばいいのです。

 

 

「聖なる瞬間とは、いま、この瞬間である。」

 

「今、癒しを受け容れよう。

 

   今、聖霊の観方で知覚させてもらおう。」

 

「今、問題や、この世界や自分自身、

 

   他の人についての全ての想いを脇に置こう。」

 

「今、そうしよう。」

 

そうする時にのみ、

 

私たちは物事を本当に変化させることができ、

 

このやり方でのみ、どんな問題も解決できる。

 

 

日々湧き上がってくる想いに対する責任を、僕達は、

 

一切取る必要がないと聞いた時、心底ほっとした。

 

神(神の子)を受け容れようとする気持ちだけでいい、

 

と言われ、肩の荷が下りた気分だった。

 

 

そしてそれは、いまも僕の周囲で、

 

僕に様々なパフォーマンスを見せてくれている

 

兄弟たちに対しても言えることだ。

 

なぜなら、

 

兄弟たちに責任を負うのは僕の仕事ではない。

 

 

だから、いま、目の前にいる兄弟たちが、僕に対し、

 

どんなに強烈なパフォーマンスをしてきたとしても、

 

僕はその兄弟たちに絶対的な〝信〟を置くべきだ、

 

と思うのだ。

 

 

ちゃんと顔を上げ、兄弟を正面に見据えながら、

 

咎めることなく、ただ〝信〟を以って観る。

 

それ以外、何もする必要はない。

 

そうすることで、

 

自分が兄弟に与えていた罪と罰から、

 

兄弟を解放し、自由にすることができる。

 

それはまた、自分の解放となって戻ってくる。

 

きっと、天国へ繋がる鍵は兄弟が持っている、

 

というのはこういう事だったのだ。

 

f:id:shusaku1:20181024113002j:plain

 

で、今回の出張中、次々と眼前に顕われ来る人々、

 

例えば、独立したばかりの会計士さん、工場長、

 

工場のスタッフたち、道行くフィリピンの人々、

 

を前に、ずっと彼らに信を置いて過ごした。

 

 

こうして、咎めず構えず、

 

ひたすら〝信〟を置いて相手を観ていると、

 

相手の背後に聖性(キリスト?J?)の気配を

 

ちらちらと見て取れるようになった。

 

それからは〝兄弟に信を置く〟の延長線で、

 

背後に見えるJと重ねながら、

 

同一の聖性を眺めた。

 

 

表面の人間が、何を言おうが、何をしようが、

 

背後には同じひとつのJ(キリスト)がいて、

 

ただそこに信を置く。

 

 

明後日金曜日は、日本から社長が香港へやってくる。

 

外部の会議室を予約し、個人面談をするのだ。

 

多分、帰任について話し合うことになるのだろう。

 

そのとき僕は、真に〝信〟を置いて、

 

兄弟社長(笑)と対峙することができるのか。

 

 

読者兄弟たちよ。

 

どうか、祈っていてくれ!