香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

兄弟まるごと無罪宣言!

f:id:shusaku1:20181027142111j:plain

 

怒涛の一週間が過ぎ、ようやく週末がやって来た。

 

今週はフィリピン出張の後、香港に社長が来たりして

 

あちこち移動しまくったため、肉体的にクタクタだ。

 

新社長とは、金曜の朝に個人面談をした後、

 

午後から銀行回りをした。

 

前回、中国銀行や東京三菱銀行から断られ続けた

 

香港支社の口座開設を、ようやくあの、

 

みずほ銀行が引き受けてくれることになったのだ。

 

 

というのも、中国の共産党幹部たちが、

 

大量の外貨を、香港の銀行経由で、

 

スイスやイギリスのケーマン諸島の銀行に、

 

マネーロンダリングしていたことが発覚し、

 

中央から香港の銀行に膨大な圧力がかかった。

 

それで、どこの銀行も、

 

新規取引に慎重になっているのだった。

 

 

しかしこちらとしても香港に口座がなければ、

 

香港での取引先や業者への支払いを、

 

全て日本側で処理せねばならなくなる。

 

さて、どうしたものかと思っていたところ、

 

コンババ部長が日本でみずほに口座を開設し、

 

そのコネで香港でも口座が開ける運びとなった。

 

さっすがコンババ部長、やるときはやる。

 

f:id:shusaku1:20181027142117j:plain

 

みずほ銀行香港支店は、有名芸術家が設計した、

 

最高にスタイリッシュなビルに引っ越したばかりで、

 

香港島が一望できる会議室で先方と面会した。

 

担当者の方もとても優しい方で、分かり易く、

 

口座開設について説明してくださった。

 

 

夜は、山梨中銀の駐在代表と会食をした。

 

僕が口座開設ができずに困っていた時、

 

親身になって相談にのっていただき、

 

頼れる兄貴のような存在のひとだった。

 

みずほで口座開設ができると聞いて、

 

本当によかったねえ、と喜んでくださった。

 

中国精進料理の店へ連れて行ってもらい、

 

社長も含め食事を楽しんだ。

 

 

社長も、銀行の人も、フィリピン工場の人達も、

 

本当に優しい。

 

 

そう言えば、

 

たとえ、どんな瞬間でも、どんなことがあっても、

 

絶対に絶対に、僕は兄弟を罪人にしない、

 

兄弟を無罪としてしか観ない、と誓った日から、

 

世界がどんどん優しく変わっていった気がする。

 

 

そういう意味で、自分が与えた意味を見ている、

 

というのは真実だと兄弟たちから学んだ。

 

 

あっ、そうそう。

 

社長との面談では、僕の帰任が来年の3月となった。

 

まだ少し時間的に余裕があるが、

 

まあ、物事はいつも予期せぬ方向へと流れゆくので、

 

どうなるかは全く分からない。 

 

どちらにせよ、僕にできるのは、

 

信を置いた兄弟についてゆくことだけである。

 

f:id:shusaku1:20181027142123j:plain

 

そんな感じで、今週はずっと、

 

〝兄弟に信を置く〟を実践した一週間だった。

 

今この瞬間に顕われる人々の中に観える、

 

キリスト(神の子の本性)に信を置くことに集中した。

 

何があっても、兄弟を、信頼し、解放し、咎めない。

 

 

ここのところ、様々な国へ赴き、

 

そこでは色んな兄弟たちが、僕の眼前で、

 

種々多様なパフォーマンスを見せては去って行く。

 

こんなとき、自分はつくづくスワットだな、と思う。

 

本当は、深い森に囲まれた小さな一軒屋で、

 

志を同じにする同志たちとのみ交流し、 

 

のんびり気ままに暮らしたいのに、

 

そうは問屋が卸してくれない。

 

もしそのような生活になれば、表面上の平安の奥に、

 

分離した罪悪を隠蔽させてしまう可能性があり、

 

あたかも、

 

もう幸せな夢に至ったかのように錯覚してしまう、

 

と、兄貴は踏んでいるようである。

 

 

なので、今の僕にとっては、

 

眼前に顕われる兄弟たちが見張り役であり、

 

導き手となってくれている。

 

だから、そのことだけを取ってみても、

 

兄弟たちには恩義があり〝信を置く〟に十分値する、

 

と思うのだ。

 

 

そんなわけで、今週末はゆっくり惰眠をむさぼり、

 

一週間分のワイドショーを見て、

 

久々にジムで身体を思いっきり動かすつもりである。