香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

聖なる時間

f:id:shusaku1:20181118235307j:plain

 

突然だが、

 

先週土曜日から一泊二日で沖縄へ行ってきた。

 

糸満市にあるPalm Churchを主催されている

 

もりG さんとひょんなきっかけで知り合いになり、

 

それで早速、遊びに行って来たというわけなのだ。

 

f:id:shusaku1:20181118235259j:plain

 

朝10時半に空港へ着き、赤嶺駅で待っていると、

 

もりGさんが車で迎えに来てくださった。

 

会った瞬間 「この人、俺と同じ人だ。」と思った。

 

性格や外見が、という意味ではなく、どこか、

 

全く同じ目的を持った同志に出会ったという感じ。

 

凪の海のように、とても穏やかな優しい人で、

 

Palm Churchの環境そのもののように見えた。

 

それでいて、彼の神に向かう姿勢には妥協がない。

 

 

f:id:shusaku1:20181118235350j:plain

 

着いてすぐ、もりGさんと奥様のYさんといっしょに、

 

沖縄そばを食べに行き、その後、

 

同じコース学習者のM女史のお宅を訪ねた。

 

爽やかな風が吹くテラスに座り、色々な話をした。

 

M女史は僕がワイン好きなことを御存知で、

 

赤ワインを用意して待っていて下さった。

 

その後、素敵な、なごみ空間のリビングへ席を移し、

 

改めてワインで乾杯した。

 

 

女性に対し、

 

こういう表現が正しいのかどうかは分らないが、

 

M女史は一言で言って〝カッコいい女性〟だ。

 

全てに於いてとても深い洞察力を持たれていて、

 

思わず委ねたくなるような愛を放たれている。

 

美味しいワインとケーキ、落ち着いた空間の中で、

 

本当に楽しい時間を過ごさせていただいた。

 

f:id:shusaku1:20181118235333j:plain

 

そして、

 

夢は夜ひらく、もとい、話は夜ひらく、ではないが

 

沖縄の食材を使った奥様の手料理に舌鼓を打ちつつ

 

もりGさんや奥様のYさんと夜中まで語り合った。

 

まあ、もりGさんとは、車の中、沖縄そば屋さん、

 

M女史のお宅、夕方の散歩、と、

 

24時間リトリート状態だったのだが、

 

奥様のYさんがビールをじゃんじゃん飲まれるので、

 

「おっ、いいじゃん。そうこなくっちゃ。」

 

とばかりに、僕もワインを二本空け、

 

結局、語り合いは夜中の二時まで続いた。

 

f:id:shusaku1:20181118235407j:plain

 

あくる日は、定例の勉強会だった。

 

M女史はじめ、総勢6名でそれぞれの体験を通して、

 

JACIMのQ&Aを中心に学んでいった。

 

こういう形態でコースを学ぶのは初めてだった。

 

誰かが先生になるのでもなければ、生徒でもない。

 

誰かが質問をして、先生が答えを出すのでもない。

 

全員が、全員を受け容れ、信を置いて話す。

 

安心して何でも話せるのは、少人数なことと、

 

Palm Church の穏やかさにあるように思えた。

 

f:id:shusaku1:20181118235340j:plain

 

そして、この〝24時間コース漬け〟の中で、

 

メインとなった内容は、

 

自分の眼前に現れる人や事象はすべて、

 

自分と神との関係性を象徴しているというものだった。

 

例えば、僕が東京へ帰任することに動揺しているのは

 

天国へ戻ることを拒否している、というふうに…。

 

なので、目の前に立ち顕れる人や事象は全て

 

神に対する想いや関係性の代用であることに気づき、

 

〝それは本当は神だった〟とちゃんと認識すること、

 

そして同時に、神を思い出し、赦しの眼差しを持つこと

 

を学んだ。

 

f:id:shusaku1:20181118235439j:plain

 

勉強会の後、

 

もりGさん夫妻が空港まで送って下さった。

 

途中、昼食を取ることになり、レストランを探したが、

 

日曜でお昼時ということもあり、どこのレストランも

 

家族連れのものすごい行列ができていた。

 

まあいいや、と空港に向け自動車を走らせていると、

 

スシロ-が目に留まり、入ってみれば、やはり、

 

すごい順番待ちだったのだが、なぜか、3席だけ、

 

カウンター席が空いていて、そしてなぜか、

 

並ばずにそこに座れた。

 

f:id:shusaku1:20181118235448j:plain

 

そうして、夫妻に別れを告げ、空港へ着けば、

 

チェックインカウンターは、中国人の嵐だった。

 

まあいっか、と気の遠くなるような列に並んでいると、

 

お預けの荷物が無ければこちらへ、と、突然、

 

係員の人がやって来て、僕をカウンターへ誘導し、

 

結局、並ばずに搭乗手続きを済ませることができた。

 

 

その後、飛行機に乗る時間となり、また並んでいると、

 

「星谷周作様。お伝えしたい事がございます。

 

 至急、搭乗口カウンターまでお越しください。」

 

とアナウンスが入った。

 

しかし、一旦列を離れればまた並び直しとなるので、

 

どうしようかなあと、ひとり、うじうじしてると、

 

たまたまスタッフの方が通りかかったので、

 

「なんかアナウンスされたみたいなんですけど、

 

 並び直すのが嫌なので、行きたくないんです。」

 

と伝えたら、大丈夫です、優先で機内に案内しますので、

 

先ずはカウンターまで来てください、と言う。

 

行ってみれば、本日は満席でオーバーブッキングのため、

 

僕の席を他の人に譲ってしまった〝お詫び〟に、

 

ビジネスクラスをご用意しました、と言うではないか。

 

f:id:shusaku1:20181118235457j:plain

 

なんだろう、この展開は、と思いながら、

 

ああ、そうか、と納得した。

 

要するに〝量子の最適化〟ではないが、自分は、

 

聖霊と兄弟に信を置いて目的地を決めた時点で、

 

聖霊はすでにそこへ至る最短の手配を行なっている。

 

スムーズに物事が運ばないように見えても構わない。

 

スムーズではないと自分が決めているだけで、

 

本当はそれが最短で最適の道なのだ。

 

要は、量子(聖霊/兄弟)に信を置くことが、

 

絶対的に肝心である。

 

というわけで、聖霊兄貴、ごっつぁんです!

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

今回は、素晴らしい兄弟たちと、

 

素晴らしい環境の中で、素晴らしい時間を過ごせた。

 

短い時間だったが、すっごく濃厚な時間だった。

 

今回お会いした皆様、本当にお世話になりました。

 

↓ もりGさんのブログはこちら ↓

morig2016.blog.fc2.com