香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夢の目撃者

f:id:shusaku1:20181127010451j:plain

 

もう、数日ごとに、怖いくらい自分が変化してゆく。

 

先日行った沖縄も、まるで数年前の出来事のようだ。

 

幻想世界に対する観え方も、感じ方も、顔つきまでもが、

 

一週間前とは全く違う自分になっている。

 

 

そんな中、先週、

 

もりGさんと、ヒーラーの空禾さんと、僕との三人で、

 

ウェブ・プチリトリートをしていた時、もりGさんが、

 

夢を自覚して生きる、みたいなことをシェアされた瞬間、

 

またまたバコーン、と自分の中で何かが変わった。

 

 

ああ、もう、寝ているときに見る夢と同様、

 

現実で起こる一切を、ああ、これは夢で幻想なんだ、と、

 

100%認識しながら、目覚めている意識で、

 

24時間過ごせばいいんだ、と納得して思った。

 

何か自分にとって不都合な事が起こったとき、

 

「この世界は夢なんだ。だから、これは起こってないんだ。」

 

という言い聞かせではなく、実際に、夢の中にいて、

 

これが幻想だと自覚して生きるのだ。

 

↓ ヒーラー空禾さんのブログはこちら ↓ 

ameblo.jp

 

f:id:shusaku1:20181127001250j:plain

 

それで、今日は、東京への移動日だったのだが、

 

様々な交通機関を乗り継いで目的地へ向かう間も、

 

これも夢で、あれも夢だ、全部ただの妄映でウソなんだ、

 

と認識できている視点から、映像を見送っていた。

 

すると、僕が乗る予定だった、成田行きの全日空便が、

 

整備不良の為、遅延に遅延を重ね、

 

朝10時のフライトが、なんと午後3時半になってしまった。

 

それも、最初の時点で3時半って言ってくれればまだしも、

 

11時→11時45分→1時半→2時→3時→3時半、と、

 

小出しにアナウンスされるので、搭乗口から離れられない。

 

まあ、こんな時は通常、今日は飛びません、

 

となるのがオチなので、慌てた乗客たちが、

 

他の便に空席があるうちに他の便へ振り替えてもらおうと、

 

どっとカウンターに押しかけてきた。

 

便を変更すると、預けた荷物も再度積み直しとなり、

 

地上スタッフの人たちも、鬼の形相で対応に追われている。

 

 

数日前の僕だったら、多分、他の人と同じように、

 

必死のパッチでカウンターにしがみついていただろう。

 

しかし、今回はただ、映画を観ているような感覚で、

 

この本当ではない映像を観察していた。

 

 

ただの妄映でしかない世界で、一体何を求めるのだろう、

 

ただの幻影である世界で、一体誰に罪があるというのか、

 

これ全部、目覚めれば無くなってしまう夢ではないか。

 

そういう感覚を以って、目の前の現実を凝視している。

 

ここが夢の世界だということを100%理解しながら、

 

今この瞬間を過ごしていると、ただ、大勢の人が、

 

何かを言ったり、動き回っている映像にしか見えなくなる。

 

本当に何も起こってなく、動いてもなく、ただの〝無〟だ。

 

 

結局、ANAが1200円のクーポンを三枚もくれたので、

 

ちょっと高そうなカフェで、奇跡講座を読んで過ごした。

 

やがて、スマホにファイナルコールのメッセージが入り、

 

やっと機上の人となることが出来たのだった。

 

f:id:shusaku1:20181127001230j:plain

 

というわけで、ひゃっほーい!

 

多分、今回が最後となるだろう一時帰国の稟議申請が通った。

 

12月15日から翌年1月2日までの19日間の里帰り休暇だ。

 

今回は、沖縄を経由して大阪へ帰る予定にしている。

 

なんか、来年の春ごろには、

 

那覇空港にある香港航空のカウンターかなんかで、

 

「はい。手荷物のない方はこちらでーすっ!」

 

と、大声で中国の人たちを誘導していそうで、怖い。

 

 

あ、いけない、いけない、これも夢で現実ではなかった。