香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

5つのこと

f:id:shusaku1:20181130224122j:plain

↑ スモッグに覆われた朝10時の上海。

   PM2.5で100メートル先も見えない

 

〝自分が聖霊の目的に仕えるためには、

 

    肉体は無罪と知覚されなければならない。

 

    なぜなら、ゴールが無罪性だからである。

 

    あなたは自分の肉体を、

 

 ただ罪なき者の為だけに使うことで、

 

 兄弟によって〝聖別〟されるだろう。

 

    そして、あなたも兄弟も、

 

 自分を攻撃する者がいると思っていたその場所に

 

 自分の救済者を見るとき、解放される。〟

 

(『奇跡講座 テキスト編』二十二章のどこか)

 

※聖別:神聖な用にあてる為、物又は人を、一般的、

    世俗的使用から引き離して区別すること。

 

 

この〝聖別〟と言う言葉、なんかカッコよくて好きだ。

 

 

目の前で、まるで〝有罪〟のように振る舞っている

 

兄弟の肉体に無実を差し出し、

 

その兄弟を自分の救済者として認識することで、

 

自分は兄弟から、聖なる神の子として聖別され、

 

解放される、という感じがあるから…。

 

聖別は、

 

神やどこかのマスターによって成されるのではなく、

 

眼前の兄弟によって成されるのだ。

 

 

ひとたび兄弟たちによって聖別されれば、

 

自分の肉体は聖霊の監督下に置かれ、

 

聖霊の目的を遂行するための全てを与えられる。

 

 

そうやって、これからの僕は、

 

これまでの慣れ親しんだ世界から〝聖別〟され、

 

聖霊の目的の為に動いてゆくのだろうなと思う。

 

f:id:shusaku1:20181130224128j:plain

↑ 本日の上海は雲一つない快晴、なのだが…。

 

話は変わって、赦し、と一言で言っても、

 

何を以って赦しとするかは人によって違うと思うのだが、

 

現時点の僕が赦しとしてやっているのは下記の5つだ。

 

 

 1.やってくる全ての人や事に無罪だけを差し出す

 

2.兄弟がしていることに絶対の〝信〟を置く

 

3.自分が今、夢の中にいて、寝ている時に見る夢と

  同様、何も起こってないことを観察しながら過ごす

 

4.今在る平安〝だけ〟に集中する

 

5.自分がやったこと、言ったこと、決めたことの一切を

       受け容れ、どんなことがあっても絶対に咎めない

 

 

僕の場合、実際にできているかどうかは別として、

 

幻想の世界におけるどんな赦しのシーンにおいても、

 

大体、この5つのどれかに当てはまる。

 

しかしこれら〝5つのこと〟に共通して言えるのは、

 

それを「聖霊の中でやる」ということである。

 

僕の場合、聖霊を一個の人格の様には知覚しないので、

 

すでにここが神の子の中、聖霊の中として捉えられている。

 

それはやがて、天国、実相、聖霊、神を、

 

〝受け入れる〟〝受容する〟〝肯定する〟という、

 

〝ひとつのこと〟に収斂されてゆく。

 

 

〝5つのこと〟は、

 

僕に、計り知れないくらいの知覚の変化をもたらした。

 

その中で最も大きな知覚の変化は、恐れの消失だろう。

 

f:id:shusaku1:20181130224147j:plain

↑ 香港に戻って青空を見たとき、なぜかホッとした

 

僕は香港用と中国大陸用のスマホを2台所持している。

 

しかし、今回フィリピンから香港へ戻る飛行機の機内に、

 

中国大陸用のスマホを置き忘れてきてしまったのだ。

 

香港市内行きの列車の中でそのことに気づいて、

 

慌てて空港に戻り、キャセイパシフィック航空の

 

遺失物管理所へ駆け付けたが時すでに遅し、

 

当該機はすでに上海へと飛び立った後だった。

 

清掃部に問い合わせたが、遺失物は無かったという。

 

今回は慣れないビジネスクラスだったこともあり、

 

雑誌などが入っているラックにスマホを入れていた。

 

結局、上海に着き次第座席を調べてもらうことになった。

 

 

スマホを失くすということは、この現代社会に於いて、

 

恐怖以外の何物でもないはずなのだが、

 

キャセイ航空のスタッフに全面的な信を置き、

 

同時に、この夢の出来事を全面的に受け入れ、何より、

 

やっちゃった、と思っている自分を絶対に咎めない、

 

というスタンスでいると、もし、スマホが出てこなくても、

 

全ては無罪で何も起こっていない、と知覚できてくる。

 

↓ そう言えば以前もこんなことがありました ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

ただ、中国出張の際は、WE CHATが使えなくなるので、

 

タクシーを呼んだり、買い物にはちょっと不便かな。

 

でも、中国用のスマホを失くしたということは、

 

なんだか中国を手放してしまったようにも思え、

 

ちょっと喪失感は出てきたが、

 

これも夢の姿として、消えてゆくのだろう。

 

f:id:shusaku1:20181130224136j:plain

↑ 上海のホテルの寝室の壁に掛かっていた絵。

   改めて見ると、こ、怖いっ!怖すぎる!

 

 

で、あくる日の夜、そのことをふぁちゃんに伝えたら、

 

「なんで、すぐ失くしたケータイに電話しないのよ?」

 

と言われ、この時になって初めて、

 

自分のケータイを失くした時はとりあえず電話してみる

 

という方法があったことに気づいたのだった。

 

それで、慌てて電話してみたが、留守電になっていた。

 

 

電池がなくなったのか、それとも誰かにSIMを抜かれたのか、

 

昨日失くしたことを知った時点で電話していれば、

 

まだ間に合ったかも、と思ったところで後の祭りだった。

 

 

これはもう受け容れるしかない。

 

だって、失くしたその時、スマホに電話してみる、

 

という〝ふっ〟が起こらなかったんだもん…。

 

そのことに気づかなかった自分がダメなのでもなく、

 

ましてや、それは罪ではない。

 

 

よし、今夜は、紀平選手のトリプルアクセルでも見て、

 

たくさん元気をもらうことにしようっと。