香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

現実を真に受けない


↑「わし、もう疲れちゃったよ!」 
 なぜか地面に、パパイヤがふたつ
 (2016年1月23日/広州東駅にて撮影)

  
ケリーの後任探しに奔走している今日この頃である。

人材エージェントの反応がイマイチなので、

思い切って給与レンジを上げることにした。

フルセット会計経験者で、理解力があり、

整理整頓ができて、人柄がおおらかな人。

まあ、ここは自分の心の中の投影の場なので、

まずは、心の中でやってるエゴのピコピコを見つめ、

聖霊に手放すことから始める。

そうして、

自分の中の〝愛の本質〟を思い出させてもらう。

ただ、決して深刻にならず〝お笑い〟でやっていく。


↑「よし、もうひと踏ん張りだい!」
 ズボンの裾から覗く赤いトレパンがおしゃれ!

奇跡講座には、赦しの3ステップというのがあるが、

僕の場合は、5ステップでやっている。

① 捉える(本当はこの事で動揺しているのではない)

② 認識する(心の中の罪悪感の投影であると認識)

③ 直視する(全て自分で選んでいることを直視)

④ 手放す(自分は愛の存在だと自覚しながら放出)

⑤ 信頼して放っておく(自分には何も分からない)


例を挙げると、

「誰々さんってさ、こういう所がダメだよね。」と、

自分の大切な人(家族や子供や親友など)が、

他の人から攻撃されていたとする。

自分のことなら何を言われても我慢はできるが、

大切な人の事をとやかく言われるのは許せない。

聞き捨てならないとばかりに、そんなことないよ、と

牙をむいて向かってゆく。(ちょっと例がヘンかな?)


そこで、

① 大切な人が侮辱されたから、

  カチンときているのではない、ことに気づく。

② 聖霊を拒絶した事で感じる自責の念と罪悪感を

  自己の多人格である他の兄弟の上に投影し、

  罪人はあの人で、自分こそが正しい、

   とすり替えている自分を認識する。

  また、相手から直接攻撃されるのは怖いので、

  自分の大切な人が攻撃されている事にして、

   安心して正義を主張している自分に気づく。

③ 自分で神の愛を拒否する事を選択している事実を、

    聖霊と共に直視してゆく。

④ 自分は愛の存在で、聖なる神の子であり、

  こんなウソは信じない、と、0と1に分解し、

   火山大噴出のようにして放出させる。

⑤ あとは聖霊を信頼して委ね、起こるに任せておく。


まあ大体、こんな風なことを、仕事中も、寝てる時も、

家にいる時も、道を歩いている時も、やっている。

お店に入って、暖房が効いてないな、と一瞬感じた、

微妙〜な〝何だ、この店は〟さえもを捉えて、赦す。


こうしてみると大変そうだが、

最初の〝捉える〟さえできれば、あとは案外できる。

最初は、

苦手な人やシチュエーションを使って赦すのだが、

次第に、ペンが床に落ちたときの〝あっ〟までもを

捉えて、その奥のカラクリを観察するようになる。


で、このブログでも何度も書いているが、

こんなことをずっと続けた結果、

本当に投影が起こらなくなった。

どうも、出来事は起こっているみたいなのだが、

エゴの投影は起こっていないので、平安である。

それに、怖いものが無くなり、全部がお笑いになる。

そうなると、赦しは本当に奇跡だったんだ、と、

余計に聖霊への信頼が増し、その自信が、

本来の神の子の力を取り戻す原動力となって、

ますます、聖霊が幻想に反映されてくる。


僕の場合、実際に兄弟たちが目の前から消えてゆく。

たとえ、どんな人が現われたとしても、平気だと思う。

もう、現実を真に受けなくなっている。