香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

桜の花びらたち

昨日は朝から門真運転試験場まで、

失効した運転免許の再発行へ行って来た。

失効してから3カ月が過ぎていたが、

外国にいて免許の更新ができなかった日本人は、

1時間の講習で5年のゴールド免許が再交付される。


と、思いきや…。

僕の場合、

出入国の際には、指紋認証ゲートを通っているため、

パスポートに出入国スタンプが押されない。

なので、ゴールド免許にしたければ、

法務局で出入国記録を取り寄せてこなければならず、

その出入国記録が無ければ、

3年更新の青色免許しか発行できないと言われた。


それで、さっさと一時間の講習を受け、

三年の青色免許をもらって帰ってきた。

もう、完全に、起こっていることが、

生起しては消えて行っているだけだと解かる。

この世界は、朝目覚めると同時に、

0と1でプログラムされた風景と記憶が立ち上がり、

人生のように見せて流れて行ってるだけなのだ。


もちろん、僕が法務局へ行き、

出入国記録を貰ってくることも可能だし、または、

俺はゴールド免許をもらう権利があるっ、

上の者を出せ、と、掛け合うことだってできる。

そして、それもまた消えてゆく姿であり、

カタチのレベルで、どんな行動を取ったとしても、

結局、同じ〝今日の設定〟でしかない。


ただ、

これが消えてゆく姿だと深く認識しているか否かで、

根底にある罪悪感が削除され、

夢の設定が取り消されるかどうかに、

大きな違いが出てくる。


こういうふうに書くと、

「うん、消えてゆく姿だよね。知ってるよ。」

と、うわ滑り状態で頷いてしまいがちだが、

実際には、完全に兄貴に委ねた状態で、

消えてゆく姿を見れているかが、ポイントとなる。

で、今日は、

近所にある堤防の桜並木が満開になっていたので、

散歩がてら出かけて行った。

堤防に寝そべり春風に吹かれながら桜を見上げると、

花をつけた枝が無数に重なり合い、本当にきれい。

このとき、自分は今神を観ているのだ、と思った。

そうこうしているうち、

香港には、これほど美しい場所はないなあ、

それに、今年の桜も今週いっぱいで見納めかな、

だから、今のうちにたっぷり満喫しておこう、

でもまあ、桜が終わっても、

また、秋には紅葉もあるしな、まっ、いっか。

という〝代替の想い〟が自動的に出てきた。


そして、思った。

なんで神の子の自分が、わざわざ桜を通して、

父(神)を観る必要があるのだろう、

なんで消えてゆくものの中なんかに、

父を感じようとしなければならないのか。

直接〝神〟(父)でいいじゃん。

もう、神の国だけでいいよ。

自分にはその権利と資格がある。

それ以外の〝神のようなもの〟は一切要らない。

桜を通して父を見るのではなく、父を通して桜を見る。

でもまあ、もしそうなったら、

桜も一体の中へと溶けてゆき、僕という個の自分同様、

消えてなくなっているだろうけれど…。


そして、これもひとつの僕の〝段階〟なのだ。

もちろん、桜を見て、

「うわあ、きれい。しあわせー。」でOKである。

僕のような観方をする必要なんてサラサラない。


でも、僕はいま、

直接父へと向かうことを選択しようとしている。

そのために、これまで慣れ親しんできたものを、

惜しみつつも、ひとつずつ手放していっている。

(※正確には、兄貴による強制撤収!)


僕たちは、この幻想の世界を維持するために、

一瞬も気を抜くことなく、膨大な労力を使って、

必死で意識を外へ向けていたのだ。

エゴにしてみれば、

僕たちの意識が外にさえ向いてくれていれば、

その対象が、スマホであろうと、桜であろうと、

最高のパートナーであろうと、引き寄せであろうと、

デイヴィッドであろうと、マハルシであろうと、

何でもいいのだ。


嫌なものだけを手放し、

自分にとって都合の良いものは〝神〟として残す、

なんてことはありえない。

これには絶対に妥協はない。