香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ひとつのこころ

最近、慈愛を自分に向けて過ごしている。

自分の心の中が、世界に投影されているのだから、

自分の心の中が癒されれば、癒された世界が、

外界に映し出されるのは至極当然のことと言える。


なので、乗り物に乗っている時や、寝る前など、

ちょっとした空きの時間であったり、

カフェで一人コーヒーを飲んでいる時などに、

自分の内に向かって、慈愛の念というか、

聖霊の愛の感じ(うまく言えない)を送っている。

それは、自分の中のどんなことをも咎めず、

全部を受け入れるような眼差しである。


するとやがて、世界が、とても平安で、

穏やかさに満ちているように見えてくる。

多分、喧嘩している人を見ても、もうそこに、

何かの解釈を見ることはないと思う。


でも、当初、ひとりカフェに座ってなんにもしない、

ということが全くできずにいた。

毎回、座ると同時に、本を開くか、スマホを見るか、

でなければ、周囲の人や風景を観察するか、

絶対に、外へ向かって何かしたくなる自分がいる。

これはもう、自動インプットのようにそうなっている。

それで、よく考えてみると、家でも、

じっとしてることがほとんど無いことに気づいた。

要するに、僕たちは決して自分の内側を観ないよう、

外へ外へと意識の矢印が自動設定されているのだ。


ちょこまか、ちょこまか、動き回る心の力動を、

咎めず、抑えず、観る。

その眼差しが心の中を癒やしてゆく。


聖霊は決して試練や苦しみ(肉体的なものも含めて)

を与えることで、何かを学ばせようとはしない。

僕たちを怯えさせることなく、平安の内にいざなう。

もし病気でのたうちまわるようなことによって、

神に関する何かの真実を悟ったのなら、それは、

もともと病気でのたうちまわる設定があったのであり、

聖霊がたまたまその設定を使って導いたに過ぎない。

なので、兄貴は決して僕達を傷つけないのだから、

この苦しみは聖霊からのものではない、

と知っておくことは大切だと思う。

話は変わって、日本へ向かう飛行機の中で、

なぜか〝ひとつの心〟について考えていた。

肉体全体としての自分を、ひとつの心に例えるなら、

一つ一つの細胞が、僕達〝個の自分〟だと言える。

例えば、

自分の肉体の細胞の一つ一つが感じている葛藤、

例えば、白血球がウィルスをやっつけていたり、

酒の飲みすぎで腎臓がフル稼働していたり、

包丁で切った皮膚を修復しようとしていたり、と、

その細胞一つ一つがキツイ状態にあるときでも、

肉体としての全体の自分は、

細胞の苦しみには全く気付くことなく、眠っていたり、

カラオケで歌を歌っていたり、おしゃべりしていたり、

テレビを見ながら笑っていたりしている。

それと同じように、ひとつの心も、

僕達〝決断の主体の断片〟が味わっている

日々の葛藤や苦痛を知ることもなく、

気持ちよくまどろんでいるだけなのかもしれない。

そういう意味で、ひとつの心にとってみれば、

目醒める気なんてサラサラないのかも…。

まあ、本当のところは定かではないが、

こちらはもう、聖霊兄貴にお任せするしかない。


だから、ヴィ瞑想のように、

〝ひとつの心〟の断片である〝個の自分〟が、

細胞一つ一つの想いをちゃんと認識してゆくことで、

ブッタのように目醒めることが可能となってくるのも、

理にかなった話ではある。