香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

四の五の言わずに帰ってこいっ!



昼食の時間もないくらい仕事に追われる毎日である。

書類にサインだけしていた生活から一転、

何十年ぶりかで書類のファイリングをしたりしている。

この急激な落差にカイカンすら感じる次第である。

それでも、トレーナーとの筋トレは続けていて、

これがよい息抜きになっている。


↑ここのステーキハウス、
 ミシュランで星をもらっているレストランだった。
 
そんなわけで、やってくる何もかもに一切抵抗せず、

ただ 「はい!」 と言って受け取っている。


というのも、このままいけば、今年の秋ごろに、

多分僕は、東京へ帰任することになる。


本ブログでも書いた通り、

去年12月に日本へ出張した際、

東京本社への異動を打診されたのだが、

その時はまだ未知の生活への不安の方が大きく、

なんちゃらかんちゃら言い訳をして断っていた。

しかし、先月、社長自ら香港へやってきて、

夜、一緒に韓国料理店で焼き肉を食べていたとき、

再度、東京本社帰任の打診を受けた。

まあ、社長(新しい社長)は、

ただ普通に、淡々と話していたのだろうが、

このとき、僕にはなんていうか、

「もう、後のことはちゃんとやってやるから、

 ぐずぐず言わず、とっとと帰ってこいっ!」

と、社長を通して聖霊から言われているように思え、

気が付けば 「はい。」 と返事していた。


去年の12月の時も、聖霊の声には気づいていた。

だが、その頃はまだ、

香港の生活を捨て去る踏ん切りがつかないでいた。

〝自分〟が考えた方法で会社と交渉すれば、

まだまだ香港でやってゆける、と考えていた。

本当は 「はい!」 と言いさえすれば、

聖霊によって敷かれた新たな道が待っているのに、

〝慣れ親しんだ安定〟を捨てることができずにいた。

↓関連記事はこちら↓
ぼくらの選択 - 奇跡講座(奇跡のコース)と純粋非二元のブログ 香港さんといっしょ!

でも、今はもう、

僕の中で完璧に兄貴が操縦桿を握っている。

ヴィパッサナー瞑想の時に聞いた、

「いま、この瞬間から、わたしがあなたを操作します。

 以降、あなたは神の国へと戻る準備に入ります。」

という聖霊兄貴の声はすでに実行されている。


〝真の取り消しは優しいもののはずである。それ故に

 最初にあなたの絵と交換に与えられるのは、

 もっと優しい、別の種類の別の絵である。〟


聖霊は決して、僕達に何かを学ばせるために、

試練を与えたり、何かを奪ったりはしない。

僕たちが、平安の内に夢から目醒めて行けるよう、

最も負担の少ない状況下で、優しく導こうとする。

だから、完璧に信頼して委ねればよいと思ったのだ。

話は変わって、

昨日、ジムの帰りにトレーナーと飲みに行った。

前回も一緒に行ったステーキハウスで、

香港の夜景を見ながらワインを飲み、語り合った。


トレーナー氏いわく、

現在受け持っている22人の生徒さんの中で、

筋肉量、体脂肪率、体重、扱えるウェイトの重さなど、

どれを取っても、最年長である僕の肉体の変化が、

ずばぬけているのだという。


「僕はただ、100%トレーナーに従っただけですよ。

 トレーナーがよいと言うものを食べ、

 トレーナーの指導通りに筋トレをしただけです。」


僕がそう答えると、そうなんですよね、と彼は言った。

聞けば、他の生徒さんは、100%従うということが、

どうしてもできないのだという。

肉は食べるけど、鶏の胸肉はいやだ、とか、

朝ご飯は代謝が上がると知ってはいるけど、

自分には合わないから食べない、とか、

この種目は好きだけど、あの種目はやりたくない、

など、どうしても100%受け入れることをしない。

いままで、そのやり方でうまくいかなかったから、

トレーナーにお願いしているわけで、それなら、

つべこべ言わずにやってみればいいのに、

そういう人に限って、全然変わらない、と、

クレームを出して来たりするらしい。


この時、僕は、トレーナーを通して語りかけてくる、

聖霊兄貴の声にじっと耳を傾けていた。


これって、

僕たちが兄貴にやっていることと同じじゃないか。

これは赦せるけど、あれはだめ、とか、

コース理論の解釈ではどーのこーの、とか、

無意識に〝100%〟を避け、

自分の考えでやりたい、という部分を保持しながら、

天国へ帰ってゆくことを望んでいる。


ちがうのだ。

自分の意志でいろんなことを決めてやっている、

と思い込んでいるその自分がそもそも〝偽物〟で、

聖霊こそが〝本当の自分〟なのだ。

どこかに聖霊という別の何かがいて、

自分を征服しようと、

虎視眈々と狙っているわけではないのである。

要するに、僕達は完全に勘違いをしている。


あーだーこーだ御託をならべず、

専門家に任せたのなら、全部その通りにやってみる。

それが一番の近道だと、

ここへきて、改めて納得できた今日この頃の僕である。