香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

罪悪感ごっこ


↑旧ウェスティンマカオのポルトガル風カフェテラス

ここのところ、日本のワイドショーは、

セクハラとパワハラの話題一色である。

豊田議員で始まり、レスリングの栄監督、相撲協会、

福田事務次官、そして、山口達也メンバー(笑)など、

以前なら隠蔽されていたであろう〝男性的横暴〟が、

至る所で次々と噴出し、明るみに出ている。


これらのニュースから見えてくるのは、

エゴに歪められたニセの男性性が光に晒され、

崩壊し、浄化されてゆく姿である。

こうやって、僕が見ている世界(僕の心の中)の、

高圧的な父権的男性性によって抑圧されてきた

女性性が開放されてゆくのだな、と感じた。


真の男性性は、上昇する女性性を受け止め、護る。


心理学者のJ・シンガー博士は、

「将来、人は、決然としていながら優しく、

柔軟にして強靭、曖昧にして明瞭、思考において

焦点が集中していながら自覚において拡散し、

育児に向きながら指導的でもあり、

与えながら受け取るという具合になるであろう」

(June Singer著:『男女両性具有Ⅱ』 人文書院)

と述べている。


人は最後の生で、男でも女でもない、

〝真の人間〟になるのかもしれない。


↑ 客室のバルコニー
それと、特にTOKIOの4人の会見で見えたのが、

究極の〝罪悪感の共有〟である。

あくまでこれは〝僕の心の中に登場する彼らの話〟、

なので、実際は僕のことを言っているのだが、

罪を犯したのは自分ではないけれど、

仲間が犯した罪を共有することで、

自分は安全でいながら、

心の中に隠蔽した罪悪感を帳消しにしよう、という、

かなり巧妙な代替行為が見えてくる。


今回、多くのコメンテーターやレポーターたちが、

一体、何が目的でこの会見を開いたのか、

と首をかしげていたが、何のことはない、

自分が仲間に押し付けた罪悪感を指して、

「罪を犯したのは、メンバーの誰々ですが、

 私も仲間なので同罪です。すみませんでした。」

とやりたかっただけのことだ。

本人たちは、憔悴し切った表情で、

涙を滲ませながら話してはいるけれど、これって、

無意識の心にとっては、

ちょっとしたエクスタシーである。


もちろん、表面の本人たちは、

そんなこと、これっぽっちも思っていない。

そして、この僕自身の中にも彼らと同じ欲求がある、

とは、表面の僕は、微塵も感じていない。


なので、こうやって、世界に現れている事象を使い、

本当は心の中で何をしているのか、を、

ひとつひとつ意識的に認識し、明け渡してゆくことは、

今回を最後の生にする人にとって非常に大切である。

ここのところ、ずっと、自分の背後から天に向かって、

川のような粒子の流れが起きていて、

それが神と繋がるパイプのようになっている。

この流れを意識している時は、

仕事中であろうと、何をしている時であろうと、

常に父を感じられ、素直にイエスと言える。

そして、放棄すれば放棄するほど、

背後の川幅も太くなる。

やがて、この流れを感じたまま人に接すると

表面に貼りついている〝何がし設定〟が、

ますます薄っぺらくなり、その奥から、

聖なる神の子の部分が透けてきて、

どの人も、それぞれの光で輝いているように見える。

多分、もう少し進むと、どの人を見ても、そこに、

ひとつの愛しか見出せなくなるのだろうなと推測する。


なんだか、またひとつ症状…、あっ、もとい、

段階が進んだようだ。