香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

聖なる流れ


木曜の午後に行って、金曜の夜に帰るという、

上海弾丸出張へ行って来た。

今回は、投資していた上海の会社が上場し、

その分配金を証券会社の口座から会社の口座へ、

移すための出張であった。

何しろ、5億円という金額を動かすため、

いくら兄貴にお任せと言っても膝ガクガクものである。

(↑ ウソ!)


証券会社の人曰く、イッキに五億円を売ってしまうと、

株価が乱高下するため、毎日5万株くらいを、

少しずつ売りなさい、と、半ば命令口調で言われた。

〝何がし設定の自分〟は、別に自分の金でもないし、

一回で終わらせたいところなのだが、

証券兄弟の言うことにとりあえず〝はい〟と言い、

10万株だけ売って帰ってきた。

それから、香港でネットで株が売れるように、

PCを設定してもらい、操作の仕方も教えてもらった。

今回の出張では、ずっと神の方を向いていた。

〝自分でやる〟ことを放棄し続け、

聖なる流れに乗って動いた結果、

あっ、ヤバい、と思ったその先々で、ポン、ポン、と、

絶妙なタイミングで、色々な事象が解決してゆく。


特に、海外出張がうまくいくかどうかは、

交通機関のスムーズさがカギとなるのだが、

もう、自分であーだこーだやりません、と放っておくと、

バス→地下鉄→エアポート列車→飛行機→タクシー

という行程が、グッドタイミングで運ばれてゆく。

もう、瞬時に上海にやってきた感じすらする。


証券会社の兄弟、ホテルの兄弟、タクシーの兄弟、

送金を手伝ってくれた会計事務所の兄弟、など、

「ここで、ちゃんとこの事を説明しておかないと…。」

というような防衛からくる策略を一切やめ、

「もう兄弟にケンカは売りません。」

というスタンスでいると、勝手に兄弟たちが、

なぜか、よきように計らってくれる。

「おーい。これはどういう事や。話が違うぞ!」

と思ったとしても、一切いちゃもんつけません、と、

聖なる流れに任せていたら、

自然に事は収まるように収まってゆく。

要するに、個の自分が〝このままではダメじゃん〟

と思ったとしても、本当にダメかどうかは、

自分には分からない。

結局、邪魔をしていたのは自分だったのだ。


↑ 上海出張で最大の楽しみは、
  上海虹橋空港にあるブリッコカフェで、
  白ワインを飲みながら書き物をすることである。


前回、読者の方から、

聖霊にお任せと思ったその先から、どうしよう〜、と、

ちょちょ舞うエゴの自分が出てくる、

というコメントをいただいたのだが、

聖霊兄貴へ全てお任せ、の練習として、先ずは、

兄弟たち(家族/同僚/友人/恋人/通りすがりの人)

が仕掛けてくる様々な事象に、とりあえず、

「はい!」と言ってみるといいかもしれない。


まあ、練習なので、できる範囲でいいとは思うが、

僕の場合は、なにしろスワット隊長だったので、

やるとなるともう、素直にガンガン、徹底してやった。

まあ、今の自分だったら多分、

「じゃあ、ここで服を全部脱いで、君の肉体美を、

上海の人たちに惜しみなく見せてやってくれ。」

くらいの要求なら、難なくやってしまうと思う。


とまあ、現在、上海虹橋空港のブリッコカフェで、

このブログを書いている。白ワインを3杯も飲み、

ほろ酔い気分でフワフワしていると、

「香港航空xx便にご搭乗予定の星谷周作さまあ…」

と、アナウンスが入り、寸でのところで、

飛行機に乗り遅れるところだった。

やっぱり、酔っぱらってても、

ちゃんと兄弟が何とかしてくれた。

(↑ちがーうっ! By J )