香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神の子のプライド


↑これ全部自分で梱包したんだぜ!へへン!

今日は事務所の引っ越しで、てんやわんやだった。

何しろ、人員が僕を含めて三人しかいないため、

自分の部署の物は全て自分でパッキングする。

財務は特にファイル類が多く、18箱も梱包した。


それから、

定規、はさみ、蛍光ペン、ホッチキス、など

いろんな場所から、わんさか、出てくる、出てくる。

乾電池なんか20個くらい出てきた。

全部捨てた。

「これ捨てた方がいいかな。」などとみんなに訊けば、

使えるのなら置いておこう、となるのがオチなので、

誰にも断りを入れず、勝手にがんがん捨ててやった。

捨て始めると止まらなくなり、気づけば、

古い会計書類や契約書まで捨てていた。

ああ、スッキリした。


↑運送業の人など短パン一丁で仕事をする人を、
 香港では〝裸の兄ちゃん〟と呼ぶ。
 これには合理的な理由があり、
 仕事終わりに濡れタオルで体を拭くだけで、
 着替えを持ってくる必要もなく、
 朝着て来た汗臭くない服をそのまま着て帰れるのだ。

そして、今日、

会社帰りの満員の地下鉄に乗っていた時のことだ。


どうすればよいかを完璧に智っている聖霊兄貴が、

24時間、いつでもどこでも、どんなときでも、

僕の面倒を見てくれているんだあ、と、

心底実感した瞬間、

「おおっ!俺って、無敵じゃーん!」と、

ひとり、訳の分からない自信が全身にみなぎり、

大きな何かに任せた安心感でプルプルしてしまった。


現世的な例で申し訳ないのだが、

この夢の世界で、自分がやりたいと思う事や、

ほしいものや、叶えたい夢があったとして、

完璧な道を知っている聖霊兄貴に委託した時点で、

すでにそれは起こっていると確信できる。

まるで、絶対に失敗しない完全無欠なマネージャーに

マネージメントされ、24時間護られている、

という自信と安心感のなかで生きている気分だ。

そうやって、最後は、安全に、

父が待つ本物の故郷へとたどり着くのだ。


これを、個の自分(エゴ目線)からとらえれば、

自分でやらないで何の意味があるんだ、とか、

聖霊の言いなりになっているだけじゃないか、とか、

ひょっとして、おまえ、洗脳されてる?

となるのだろうが、これは全く逆である。


肉体の自分のほうが狂気で、

聖霊兄貴こそが正気の自分なのだ。

その証拠に、これまで自分でやって、

うまく行ったことなんてないじゃないか。

全部裏切られてるし、最後は必ず分裂する。


だから、僕は最近、着るものから、食べるもの、

髪型や持ち物、仕事や将来のことに至るまで、

全て聖霊兄貴にコーディネートしてもらっている。

任せたからには、完全服従、一切邪魔しない。


↑今日はエドワードが大活躍だった。

前回の〝全托感〟に続き、

今回の地下鉄での〝無敵感〟はハンパなかった。

「オレは聖なる神の子だあーっ!」

という自信とプライドが戻ってきた瞬間だった。


引き寄せの法則で〝なりきり〟と言うのがあるが、

これは、ただ単に、

お金持ちの行動や持ち物を真似るのではなく、

自分は護られていて無敵だ、という、

自信とプライドの中に在る、ということなのだ。

というわけで、やっと引っ越しが終わった。

エドワードが頑張ってくれて助かった。

引越しの後、近くの屋台の店で打ち上げをした。

鳩のローストを食べた。香ばしくて美味かった。

ビールが進む。


こういうわけで、今後は、雑誌にも載っていない、

カオスでディープな香港をお伝えできるかも…。

乞うご期待、なのだ!