香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ワークブックはじめました


↑この男性、いつも僕が乗ってるバスと、
 抜きつ抜かれつしながら並走して走る。
 僕は30分くらいで途中下車してしまうのだが、
 彼はずっとそのまま走り去ってゆく。


事務所が香港の郊外へ引っ越して以降、

バスと電車での通勤が楽しい。

バスの二階席から見る街の景色は最高だし、

電車は始発なので必ず座れる。

そして、約一時間半の通勤タイムを充実させようと、

なんと、遅ればせながら、ワークブックをやり始めた。


ワークブックは、テキストに比べ、非常に実践的で、

やるべきことが明確に指示されているうえに、

こうすれば変われる、という期待感から、

奇跡講座の実践者の中には、

テキストよりもワークブックを重視する人が多く、

テキストを読まずにワークブックから始める人もいる。

『あなたの願いを叶える50の法則』と同じ原理だ。


だが、ハレ師匠からみっちり理論を叩きこまれ、

テキストの文章の美しさに魅せられていた僕は、

テキストを何度も読みながら、日々の日常の中で、

兄貴から差し出されるレッスン重視でやってきた。


まあ、どちらがよい、ということは言えないのだが、

僕にとっては、いま、このタイミングで、

ワークブックをやるのがベストだったようである。


まず、ワークブックの各項目は、すでに兄貴を通して、

生活の中で学ばされたことであり、

僕にとっては〝復習〟の意味合いが強い。

また、このレッスンにはどういう意味があるのか、

ちゃんと腑に落ちた状態で実践できるので、

より深く、各レッスンを昇華させていくことができる。

と言っても、行き帰りの通勤時間だけなのだが…。

話は変わって、

「今って、過去なんだ。」と、つくづく思う。

全ての判断は過去の経験に基づいてなされていて、

その判断が〝いま〟を決めているからである。

逆に言えば、過去の経験がなければ、

僕たちは何ひとつ判断できないことになる。

しかし、過去はもう過ぎ去り、ここにはない。

よって、過去の経験による今の判断は、

全て〝エゴの決断〟ということになる。

そして、そのエゴの決断(過去に基づく判断)を、

聖霊兄貴に委ねるとき、全てが愛に変わるのだ。


じゃあ、トイレに行くのも、何を食べるか決めるのも、

過去の経験によるものであり、エゴの決断なのか、

と、問う人がいるかもしれないが、そうではない。

以前の記事でも書いたが、

「わたしは、絶対にトイレに行ってやるんだぁーっ!」

と日夜思っているのでないのなら、エゴではない。

なぜなら、僕の経験上、兄貴に判断を委ねていると、

その時に判断した様々な事柄は、

「あれ、オレ、昨日、何食べたっけ?」

レベルの記憶と大差なくなってしまうからだ。

なので、人生を左右する重大な決断であっても、

「一年前の今日、自分は何してたっけ?」

感覚で、深刻にならずに決定できることが、

聖霊の決定かどうかを見極める目安となる。


まあ、聖霊への委ね方は人それぞれだと思うが、

僕の場合は、全体的に24時間、

兄貴にぼーっとジャンクインしたままになっていて、

そのときどきで〝いま〟にいて下す決断が、

そのまま兄貴の導きとなっている。

というわけで、もうすぐお盆である。

この時期になると決まって身体が熱っぽくなり、

眩暈や頭痛もして、とても眠くなる。

香港にお盆休みは無いのだが、日本が休みなので、

今回は、僕も二日ほど有給休暇を取り、

セミの声でも聴きながら、家でまったりしようと思う。


あっ、

それと、あとは、テレビで山根会長を見ることです。