香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ハートの海



ここのところ、フィリピン工場の予算策定のため、

エクセルを駆使して、表の作成をしていたのだが

関数使いまくりな上、あちこちのシートへ数式が飛び、

おまけに、あるセルにレートを入れると、

一発で、全ての表が、ペソから日本円に返還される、

という表を作成せねばならず、

まあ、なかなか骨の折れる作業だった。


そして、ようやく完成したファイルを、

経営企画室(と言っても室長1人)へ送ったところ、

いくつかの数式が別のシートへ反映されていない、

というメールが返ってきた。


このとき、企画室長に対する、

とてつもない感謝の念が湧き上がってきた。


社長へもCC:でメールが飛んでおり、

以前の僕なら、

「みんなの前で間違いを指摘された。攻撃された。」

となっていたのが、今回はなぜか、

自分でもどうしちゃったのか、と思うくらい、

ただただ感謝しか出てこないのだった。


後でよくよく考えてみると、

委託先であるフィリピン工場や、

以前もこのブログに登場した女性専務に

ファイルが送付される前に、

室長兄弟は、僕が作ったファイルを精査し、

僕が対外的に恥をかかなくて済むよう、

間違いを正してくれていたのだと解かる。


すぐさま、お礼のメールを返信した。


また、明日からネット環境の悪いマニラへ出張、

ということで、退社後、ポケットWIFIを借りに

コーズウェイベイへ行った帰り、

タクシー乗り場でタクシーを待っていると、

僕の番になって、子供連れの男女が、

突然横入りしてきて、そのまま、

僕が乗る筈だったタクシーに乗って行ってしまった。


これも、以前の僕なら、

ハッキリ相手に「おい、並べよ!」と言うか、

心の中で何度も彼らを罵倒し続けていたのだろうが、

この時もなぜか、とてつもない感謝の中にいた。


最悪なドライバーが運転するタクシーに

僕を乗せないよう、

わざわざこの兄弟たちが横入りをして、

阻止してくれたように感じたのだ。


周囲で起きている事は同じなのに、

攻撃と感謝、で、結果がまるで違っている。


このように、世界に与える意味付けと、

反射的に湧き上がる攻撃の反応を放棄し続けた結果、

周囲の椅子や、テレビや、スマホや、人や、空気が、

一斉に、自分の最善の利益のために動き出し、

万物全てが僕の味方になってしまったように感じて、

感謝がどくどくとあふれだした。


↑コーズウェイベイの街並み。
 さしずめ、香港の渋谷、と言ったところか。


それにしてもなんだろう、この、

ありがたくてしようがないような、

うれしすぎて泣き出したくなるような、

懐かしくて愛おしくてたまらないような感覚が、

途切れることなく意識の底辺に流れている感じ…。


ハートの海だ。

この中へダイブすれば、

きっと凄いことになるのだろうな。

まだちょっと飛び込む勇気はないけれど…。