香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

聖霊兄貴は裏切らない



いま、NHKで夜10時55分から放送されている

〝みんなで筋肉体操〟という番組にハマっている。

たった5分間の放送なのだが、これがなかなか、

シュールで面白い。


3つの丸いお立ち台に、

ピチピチのタンクトップを着た3人のマッチョな男が、

筋肉を誇示するように、仁王立ちで立っている。

そして、同じくピチピチの赤いウェアを着た先生が、

「自分に甘えない!」「出しきる!出しきる!」と、

三人の生徒たちをガンガンに追い込み、

生徒たちは、ただ黙々とメニューをこなしてゆくという、

ただそれだけの番組なのだが、

なぜか毎日見ずにはいられない中毒性がある。

でもこの筋トレ、やってみると、なかなかキツイ。

続ければ本当に変われるかも…。


↑ 武田真治が出てるよ!
というわけで、

山梨県の甲府で2泊して、東京に戻ってきた。

今回は、スマホを家に置いてきたまま出張に出る、

という快挙を成し遂げた。

それも、成田から甲府へ向かうバスの中で気づいた。

日本に着くまで一度もスマホを取り出さなかったため、

忘れてきたことに、これっぽっちも気づかなかった。

でも、スマホが無くても全然不便を感じない。

ただ、写真を一枚も撮れなかったのが残念ではある。


台風が去ったばかりの甲府の駅に着くと、

社長自らBMWを運転して迎えに来てくれていた。

それから、とんかつ屋でとんかつを食べた。

社長も、別会社を立ち上げ、大変な時期なのだが、

僕の中の聖性は、ひとつの気づいている意識を通し、

僕が見ている世界全体に波及するのを知っている。

なので、いまは、社長であれ誰であれ、

僕と同じ聖性を持った神の子であるとしか見れない。


甲府では解雇通知書と退職金計算書を受け取った。

それから、一か月後に再雇用となる新会社の、

雇用条件確認書にサインをした。

退職金にも、新会社の雇用条件にも、

まったく、異議はなかった。

むしろ、ちゃんと退職金を出してくれた会社に感謝だ。

ただ、はい、と言って受け取るだけだった。


まあ、新会社に移ると言っても、

場所や、メンバーや、業務内容はほとんど同じで、

それでも、新会社に雇用されなかった人、

これを機に自ら退職を選んだ人などが何人もいて、

日本本社はやはり、ざわざわしていた。

今回の甲府出張では、

ずっと〝気づいている意識〟の中に入って過ごした。

赦しの眼差しを通して、会社の人たちや、

起きてゆく物事のひとつひとつを観るようにした。


自分の中から聖性があふれ出るままにさせておく。

すると、どんな人からも、神の性質が顕われ出し、

世界がどんどん穏かで優しくなってゆく。

比喩ではない。本当に変わってしまうのだ。

世界の法則の全てを逆転させるほどの力が、

自分にはあり、それは神から来ている。

この力は認めさえすればすぐにでも使え、事実、

時間や空間や距離でさえ一気に超越させてしまう。


この聖性に委ねてさえいれば、世界は逆転する。

それだけの力が神の子の僕たちには備わっている。


そんな感じで、僕も、もうすぐ、

大きく夢の世界の設定が変わる予感がしている。

本来なら経験しなければならない

さまざまなキツい設定が、赦しによって削除され、

穏やかな設定と入れ替わってゆく。