香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

全体でひとつ



先日の二度に渡る強烈な体験からしばらくが経過し、

本当に、ここは、眠れる一つの主体が見ている、

一つの夢でしかない、ということが、

肉体レベルにまで浸透しつつある今日この頃である。

と同時に、同僚、会社、香港の生活、憎悪の相手、

などが、次々と削除されていったからくりが、

ここへきてようやくつまびらかになった。


全ては全体で起きていて、

個の自分など無であるが故に、

全体の夢の中を赦すことによって、

夢の設定の削除が可能になっていたのだ、と…。


全体でひとつの幻想世界なので、

私とあの人、億万長者とホームレス、社長と社員、

大スターとエキストラ、習近平とトランプの間に、

なんら差異はなく、どちらでも入れ替え可能となる。


〝いつでも今、どこでもここ、そして、誰でも私…。〟

そんなふうに今後はなってゆくのだろう。


ただ、ひとつだけ、大切なことは、

この壮大な夢の世界は一体、誰が作っていて、

誰が見ているのか、という認識である。


罪悪もなければ、分離もなかった、という理解は、

自分に起きているのではない。

なぜなら、自分などないのだから…。

罪もなければ、エゴもなかった、という想いが、

〝ふっ〟と湧き起こってきたのは、

ひとつの眠れる神の子に、同様の気づきが起き、

その気づきが、聖霊経由で〝想いの泡ぶく〟となって

幻想の中に〝智識〟として湧き上がってきている。

そうやって、まず、夢の世界が癒されることで、

眠れるひとつの神の子は目醒めへと向かうのだ。

というわけで、大阪にいる。

昨日は谷町4丁目にある得意先の会社を訪問し、

フィリピン工場の財務状況を報告してきた。

10月からこの会社と顧問契約を結び、今後、僕が、

フィリピン工場の財務改善をすることとなった。

そのため、今後はフィリピンと大阪出張が増える。

帰りに、梅田阪急裏にある〝紅白〟という店で、

ワインとフランスの田舎風料理で夕食を済ませた。

ここは、カウンターだけの

フランス風の創作料理が評判の店で、

世界各国の色んなワインが500円くらいで試せる。

店内は、会社員やOLなどのおひとりさまが多い。

特に、ひとりカウンターに腰かけ、

シャンパンなんかを飲みながら食事をする女性は、

見ていてすっごくカッコいい。


そんな僕も、ネクタイを外し、白ワインを飲みながら、

もう、今の仕事を続ける意味もないのではないか、

と思ったりしていた。

全体が一つで動いている事が完全に解っているので

仕事を辞めたとしても、全く不安や恐怖を感じない。

ていうか、どんなことになっても、それは、

起きることがおきているだけで、すでに完璧である。


眠れる神の子が観ている全体の夢の中で、

僕が何をしようと、或いは、何もしなくても、

それは量子の最適化にも似て、完璧な配置となる。


↓量子の最適化についての記事はこちら↓

りょうこちゃん - 香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

量子兄貴 - 香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元