香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

始まる前から終わっていた

f:id:shusaku1:20190119191631j:plain

 

昨日は香港事務所の忘年会だった。

 

香港では、2月5日の旧正月に向け、

 

じわじわと春節ムードが盛り上がりつつある。

 

 

今回の忘年会は、僕が仕切り、

 

会社近くにある、川沿のドイツ料理店を予約した。

 

ガスストーブが焚かれたテラス席で、

 

ソーセージをつまみに、ワインやシャンパンを飲みつつ、

 

夜遅くまでわいわい語り合った。

 

 

中でも、香港の高度な自治がいかに風前の灯か、

 

といった中国の思想統制について熱く語り合った。

 

その中で、台湾は中華圏における最後の民主の砦だ、

 

という話になり、僕も台湾へ移住したくなってしまった。

 

 

赤ワインが三本空き、シャンパンを注文した頃、

 

全てが、ただの消えてゆく映像に見えはじめた。

 

撮り終えた映像の中を漂っている感覚…。

 

時間という幻想だけを頼りに成立している世界を、

 

僕達は信じてまい進している。

 

今日のこの映像も、記憶としてファイリングされ、

 

思い出さない限り〝無〟となる。

 

もう時間を信じない、と僕が決断するだけで、

 

映像は消えるしかなくなる。

 

f:id:shusaku1:20190119191705j:plain

 

というわけで、僕の知覚も、また、新たな段階に突入した。

 

 

自分は〝始まる前から終わっている世界〟の中にいた、

 

ということが、バッコーンッ、と真実として見えたのだ。

 

 

〝神の世界から離れたらどうなるかなあ〟と思った瞬間

 

天国も、実相も、父も、キリストも、全てが消え去り、

 

〝うわっ、やってもうた。全部失った!どうしようーッ?〟

 

と、強烈な喪失感と罪悪感からくる不安と恐怖と共に、

 

僕達はこの幻想の世界にやって来たと思っている。

 

しかし、実際には〝あっ、やばい〟と思う前に、

 

父とキリストによってこの間違いは削除されている。

 

そして、すでに終わり、消えて無い〝妄映〟の世界に、

 

いまだ僕たちは没入し、すったもんだやっているのだ。

 

 

こうやって書くと、知ってる、解かってる、と言いたくなる。

 

しかし、その事実そのものを〝生きて〟はいなかった。

 

ただ知っているだけで、やはり世界はある、として、

 

日常の中ではやはり、どうしたこうした、とやっている。

 

f:id:shusaku1:20190119191659j:plain

 

それが、先日の〝宜保愛子と残業〟の翌日、

 

自分はいま、すでに終わってる世界にいて、

 

すでに取り消されて無いはずの世界を見ている、

 

ということに、はっと気づいたのだ。

 

この机も、このスマホも、あの人もこの人も、これもあれも

 

うわっ、これ全部、もう終わってる映像じゃん、と…。

 

始まる前に終わっているのだから、全部幻で、

 

信じる必要などなく、無意味なただの妄映でしかない。

 

そのことが、真にリアルに腑に落ちて入った瞬間、

 

仕事がどうでも、誰々がどうでも、知覚がどうであっても、

 

もうそんなことはどうでもいい、と心底思えた。

 

そして、もうここで深刻になる必要はないんだ、

 

と思った瞬間、言い知れない安堵感が込み上げてきた。

 

ウソで、虚構で、完全にでっち上げられた世界に対し、

 

一切の抵抗を止め、ただ終わってゆくに任せておく。

 

f:id:shusaku1:20190121182247j:plain

 

完全に、幻想の外へ出てしまった感覚。

 

そこから幻想を見ている。

 

だからもう 「そうは言ってもさあ。」 という反復もない。

 

 

そんなことは微塵も起こっていなかった、と、

 

真に解かって世界を見ていれば、映像に意味は無くなり

 

どんな現実も自動的に消えてしまう。

 

消えてしまうことが解かっている状態…。

 

ここは神で、天国で、実相だった、という事実が、

 

より強化された感じがする。

 

と同時に、父や聖霊との交信を阻んでいたのが、

 

特別性と個別性だったことも見えてきた。

 

f:id:shusaku1:20190119191647j:plain

 

私のこの車、私のこの人生、私の大切なあの人、または、

 

あの人はいいけどこの人はダメ、男はいいけど女はダメ、

 

自分は日本人、彼は中国人、私はチーズが嫌いな人、

 

私の得意なものはピアノと語学です、などなど、

 

人生は、自分が特別な個であることに費やされている、

 

と言っても過言ではないだろう。

 

そして、個として特別であろうとするその意識が、

 

終わっているはずの世界をリアルにし、永続させている。

 

これは、神からの救済を拒んでいることを意味する。

 

別の言い方をすれば、救済されるのが嫌だから、

 

個であろう、特別であろう、と必死で頑張っているのだ。

 

 

しかし、それは無駄な抵抗だ。

 

だってもう、世界は始まる前に終わっているのだから。

 

終わっている世界で何をやっても無駄である。

 

そう、自分はもう、消えている!

 

↓ 混沌の法則についての記事はこちら ↓

blog.hoshitani-shusaku.com