香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

兄弟を凝視せよ

f:id:shusaku1:20190404014624j:plain

↑ 今日の朝食は、豚肉菠蘿包(ボーローバウ)。

   日本語で〝豚肉入りメロンパン〟。200円也。

 

財務の仕事をされている方ならご存知かと思うが、

 

(ていうか、財務の仕事をしている読者は皆無と思われ)

 

何と言っても経理財務は月初の一週間で勝負が決まる。

 

月初の数日で前月の財務諸表を作成し、

 

前月はどれだけ儲かったか、何に無駄使いをしたのか、

 

今会社にお金がいくらあるかを社長に報告するのだ。

 

それを基に、経営陣は今後の経営戦略を立てる。

 

僕は香港だけでなく、上海とフィリピンも担当している為

 

月初の数日はガチで修羅場となる。

 

なので月初には、絶対出張を入れないし、休めない。

 

それでも以前は、ケリーやふぁちゃんが、

 

全ての事務作業をやってくれていたおかげで、

 

僕は確認のサインだけしていればよかったが、

 

今は小切手でさえ自分で切り、自分でサインをしている。

 

f:id:shusaku1:20190330114344j:plain

 

とまあそんな感じで、今日も、

 

エドワードから回ってきた大量の注文書とインボイスを、

 

一枚一枚確認する作業に追われていた。

 

と、その時、問題が発覚した。

 

 

注文書と請求書の金額が違っている、しかも全部…。

 

仕入額が売上額を上回っている、要するに赤字である。

 

同じ伝票番号で金額の違うインボイスが何枚もあり、

 

どれが本当のインボイスか全くわからない、などなど…。

 

 

最初は、いつものように、決断の主体から戦場を眺め、

 

ひとつひとつエドワードに確認しながら修正していたが、

 

まるで他人事のような彼の言動を前に、気が付けば、

 

この事が真の原因ではない、と理解しつつも、

 

罪を相手に投影して無実を主張していると知りつつも、

 

わ・た・し・がやっている、とはっきり自覚しつつも、

 

「昨日入ってきた新卒の事務員じゃないんだから。」と、

 

エドワードに説教をしていた。(笑)

 

↓ エドワード関連の記事はこちら ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

決断の主体の位置から、バーンッ、と吹っ飛ぶ自分。

 

と、エドワードが、笑いをこらえるような表情をしている。

 

それを見た自分も、思わず笑いが込み上げてくる。

 

 

えっ、自分は一体、何にプリプリしているんだ?

 

何をこんなにも熱く、テンパって小言を言っているのか。

 

まるで、へんてこりんなコントでも演じているかのようだ。

 

そう思った瞬間、互いに、ぷっ、と噴き出していた。

 

f:id:shusaku1:20190330114341j:plain

↑ 昼休み、お詫びのしるしに、エドワードを誘って、

   近くの屋台の店へ〝鳩〟を食べに行く。


自分がいま何をやっているかは、兄弟が教えてくれる。

 

おいおい、と、兄弟たちが軌道修正をしてくれる。

 

それを僕たちは「あいつはけしからん」と思ってしまう。

 

 

原因は自分の心の中にあり、それだけが問題である。

 

そして兄弟をその事に気づかせてくれる聖霊として観る。

 

それは、相手が浮浪者のおじさんであろうが、

 

認知症の老人であろうが、5歳の子供であろうが同じだ。

 

 

なので、赦しの実践とは、怒らないようにしよう、とか、

 

咎めないようにしよう、ではなく、目の前の兄弟を、

 

怒ったり、咎めたりする葛藤を凝視し、

 

本当の原因にまで戻って赦す手段とすることである。

 

そうやって、心へ戻る訓練をする。

 

 

とまあこんな感じで、

 

会社の仕事を通して赦しの実践をしているボクであるが、

 

会社にいても、不変の平安を得られれば、

 

僕の会社員生活も卒業かな、とは思う。

 

 

ていうか、今気づいたのだが、

 

そんなことをしていたら、

 

不変の平安を得る前に定年じゃん!

 

 

ようし、こうなったら「目指せ!夢の年金生活」だっ!