香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

天国の揺さぶり

f:id:shusaku1:20190424123826j:plain

 

今週は月曜からフィリピン出張だった。

 

初日の午後、工場のオフィスで仕事をして、

 

そろそろホテルへ戻ろうかな、と帰り支度をしていると、

 

ぐらぐらぐらっと部屋全体が揺れ始めた。

 

次第に揺れは激しくなり、テーブルのペンが転げ落ちて、

 

立っていられないほどになった時、地震だ、と気づいた。

 

 

逃げろ、という誰かの声を聞いて、工場の外へ出た。

 

日本でもあまり経験のないくらいの大きな地震だった。

 

地震慣れしていないフィリピンの人たちは、

 

泣き出したり、中には失神してしまう人もいて、

 

一時、工場は騒然となった。

 

f:id:shusaku1:20190424123847j:plain

 

それにしても、突然、大きな災害に見舞われると、

 

人って、頭が真っ白になり、一歩も動けなくなるんだね。

 

僕も、誰かが発した、地震だ逃げろ、の一声で、

 

ハッと我に返り、身体を動かすことができた。

 

だから、なにか、突発的な出来事が起こった時は、

 

みんなで声をかけ合うのが何より大事だ、

 

と、今回の経験から痛感したのだった。

 

f:id:shusaku1:20190424123837j:plain

 

ホテルに戻り、ニュースを見てみると、

 

今日の地震は震度6弱だった。

 

工場のあるスービックから二時間ほどの距離にある、

 

クラークという街の被害が最も大きく、

 

家屋が倒壊するなどの被害が出ているという。

 

クラークは、空港のある場所でもあったので、

 

帰りの飛行機が飛ぶのかどうか心配していたら、

 

案の定、空港は閉鎖され、便はキャンセルとなった。

 

f:id:shusaku1:20190424123831j:plain


夜、二時頃に余震で目覚めた。

 

それから、また、心臓の奥が〝ざわざわ〟しはじめた。

 

それはやがてドキドキからズキズキへと変わった。

 

地震の恐怖に対してズキズキしているのでもなければ、

 

外側の出来事が原因で動揺しているのでもなかった。

 

ただ、今回の地震が引き金となって、僕の心の中から

 

何かが揺さぶり出されてきたような気がした。

 

 

僕の心の中も震度6弱で揺れている。

 

その意味不明な心の中の揺れを、じっと見つめる。

 

聖霊兄貴の光の中で、ただ感じて差し出し続ける。

 

そうこうしているうちに、いつの間にか眠りに落ちた。

 

f:id:shusaku1:20190424123857j:plain

 

結局、クラーク空港が閉鎖になったので、

 

マニラから香港へ戻ることになった。

 

朝5時に起き、工場の社用車でマニラ空港へ向かった。

 

鉄道のないマニラの街は常に渋滞している。

 

車窓から、混沌としたマニラの街並みを眺めつつ、

 

自分はなんでこんな夢を見ているのだろうと思った。

 

この世界、何の意味もない、と心底思った。

 

 

今日の地震も、ひょっとして、

 

こんな無意味な夢を見るのを止めて目を醒ましなさい、と

 

夢の外から、ゆさぶりをかけられているような気がした。

 

それはちょうど、

 

ベッドで眠っている本人が小便に行きたくなったとして、

 

本当は夢から醒めてベッドから起き上がり、

 

トイレまで歩いて行って小便をすればいいのに、

 

それを夢の中でやっているのに似ている。(笑!)

 

 

「あっ、自分は一切を与えられている神の子だったんだ。」

 

という、大いなる自覚が〝ふっ〟と去来した。

 

 

つづく…。