香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

きっぱり、ブレずに、妥協なくいく

f:id:shusaku1:20190429001939j:plain


自我の思考体系を放棄し、聖霊の思考体系を選択する

 

ということを、赦しを通して日々実践している。

 

これまでもかなりなスワット体制で実践はしてきたが、

 

ここへ来て、もうきっぱりと妥協なくいく、と決断したのだ。

 

自我と聖霊の間にある葛藤から脱出するには、

 

どちらか一方をブレなく選ぶ必要がある、と思った。

 

で、当然だが、僕は聖霊を選んだ。

 

 

〝所有することと在ることは同じである。〟

 

〝愛を所有することと愛であることは同じである。〟

 

〝全ての人やものを同じと観ること。〟

 

〝幻想の問題のカタチは全て同じと見做される状態。〟

 

〝つながることと共有することは同じである。〟

 

 

日常で、これらの思考体系を思い出し、当て嵌めてゆく。

 

そのための助けとなるのが、どの兄弟の中にも、

 

間違った心(自我)と、正しい心(聖霊)と、

 

決断の主体(の断片)があり、共通の利害がある、

 

という点において同じである、という事実である。

 

f:id:shusaku1:20190427123435j:plain

 

また、僕にとって、心の中の罪悪感を直視するとは、

 

心の中が投影された外の世界を赦すことでもある。

 

ベールで隠蔽されたはずの決断の主体(心)の中身は、

 

何のことはない、外の世界(空間)に全て投影されている。

 

それらを変えようとするのではなく、

 

決断の主体が何を心の中で選択しているのか、

 

心を象徴している世界や兄弟をただ凝視し、赦して、

 

再び聖霊の中(心の中)へと〝間断なく〟返してゆく。

 

 

そうやって、心の中の投影の場である世界を赦し、

 

どんなものも直視して聖霊の光へ運び続けていると、

 

やがて、世界や兄弟たちは、赦された悦びで輝き出す。

 

そうして、一瞬光を放った後、世界は歓んで消えてゆく。

 

f:id:shusaku1:20190427123432j:plain

 

また、与えることと受け取ることは全く同じだ、

 

ということを、実践レベルで深く体感できるようになった。

 

 

それは〝差しつかえない〟という言葉に集約される。

 

 

どちらか一方だけが何かを所有しているように見えても、

 

それは〝ひとつのこころ〟が所有していて、

 

その中に自分も含まれるので何ら差しつかえがなく、

 

入れ替わり可能だ、というふうに思えてくるのだ。

 

形態レベルでは、彼の成功が自分の成功に感じられ、

 

彼女の幸せが自分の幸せと同一に感じられ、

 

自分が喜んでいれば、世界が喜んでいる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

今日の香港は、労働節(メーデー)で祝日である。

 

なぜか奇跡的に、朝早く起きることができたため、

 

コーヒー、ウインナー、目玉焼き、トーストの朝食を摂り、

 

それから、昨日会社の高速プリンターで打ち出した、

 

JACIM関係の講義を再度おさらいし、

 

ゲイリーの〝イエスとブッタがナンチャラ〟を読んだ後、

 

ジムでたっぷり自主トレをしよう、と、思っていた。

 

が…、

 

昼食後、フォーラムの講義の資料を読んでいる途中で、

 

なんとも抗いがたい睡魔に襲われ、爆睡してしまった。

 

それはもう、パソコンの強制終了のような感じで、

 

まるで気絶するように眠った。

 

 

午後一時くらいに寝て、夕方六時に目覚めた。

 

眠っている間、リアルでへんてこりんな夢をいくつも見た。

 

意識の後方で、何かのプログラムが走っている。

 

プログラムの更新が行われている様な奇妙な感じ。

 

 

そうやって、世界は全て決断の主体が見ている夢だ、

 

という事実が、ますますリアルになりつつある。

 

世界が消滅してゆく。

 

そして、自分の実相は、夢の世界の外側にあり、

 

そこへ焦点が合い始めた今日この頃である。